神名データベース

神名データベース凡例

天日腹大科度美神

読み
あめのひはらおほしなどみのかみ/あめのひはらおおしなどみのかみ
ローマ字表記
Amenohiharaōshinadominokami
別名
-
登場箇所
上・大国主神の系譜
他の文献の登場箇所
-
梗概
 大国主神の子孫の系譜に名が見える。布忍富鳥鳴海神と若尽女神との子で、遠津待根神との間に遠津山岬多良斯神を生む。
諸説
 『古事記』の出雲神話中に記された須佐之男命の系譜と大国主神の系譜は、もとは一つに連続した記事だったといわれる。大年神の系譜を含めた三系譜全体の構造が問題となるが、本文の不審や、系譜と物語との内容の食い違いなど、疑問点が多い。系譜中の神々の多くは他文献に見えず、『古事記』でも事跡が語られないため、それぞれの意義や関係性が明らかにしがたい。全体の解釈としては、大国主神の性格付けが天皇系譜との対比によって系譜に示されているとする説や、国土神から水の神へとその誕生を物語る出雲土着の神話が骨子になっているとする説、神の祝福を受けて豊かな自然環境が出現することを望む人々の願いが反映されているとする説がある。
 天日腹大科度美神の名義について、「日腹」を日原の意として、「天日腹」を天の神聖な原と解する説がある。このヒを「日」の意と見た場合、母神の若昼女神との昼・日によるつながりも着目される(「若昼女神」は「若尽女神」とする説もある)。「科度」は『日本書紀』に風神の級長戸辺(しなとべ)命が見えて、類似が指摘されている。シナトのシをアラシ・ツムジ・ニシのシとみて風の意とし、大祓祝詞の「科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く……」のシナトの例から、シナトを風の処の意で、風の吹き起る処とする説や、坂処の意で坂になった処のこととする説がある。「美」は美称の接尾語とする説、神霊の意とする説がある。「日原」はまた、『出雲国風土記』大原郡に「日原社」、『延喜式』神名帳・丹後国加佐郡に「日原神社」があることが指摘されているが、関係性については詳しく論じられていない。
 妻の遠津待根神の父、天狭霧神は霧にまつわる神であるが、風と霧との結びついた表現が、『古事記』に「吹き棄つる気吹の狭霧」(うけい段)とあり、『日本書紀』や『常陸国風土記』にも動物の息を霧と表現した例が散見され、また『日本書紀』(神代巻五段一書六)に、朝霧を吹き払った息が風の神、級長戸辺命に成ったことなど、霧と風との関わりから両者のつながりがうかがわれる。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第三巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年8月、初出1976年4月)
倉野憲司『古事記全註釈 第三巻 上巻篇(中)』(三省堂、1976年6月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
菅野雅雄「神々の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1982年9月)
菅野雅雄「須佐之男命の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1984年3月)
姜鐘植「スサノヲ系譜「十七世神」について―系譜と説話の関わりという観点から―」(『井手至先生古稀記念論文集 国語国文学藻』和泉書院、1999年12月)
福島秋穗「八嶋士奴美神より遠津山岬多良斯神に至る神々の系譜について」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月、初出2002年1月)
谷口雅博「『古事記』上巻・出雲系系譜記載の意義」(『日本神話をひらく「古事記」編纂一三〇〇年に寄せて―第九回:フェリス女学院大学日本文学国際会議―』、2013年3月)

神名データベース トップへ戻る

神名データベース

神名データベース凡例

天日腹大科度美神

読み
あめのひはらおほしなどみのかみ/あめのひはらおおしなどみのかみ
ローマ字表記
Amenohiharaōshinadominokami
別名
-
登場箇所
上・大国主神の系譜
他の文献の登場箇所
-
梗概
 大国主神の子孫の系譜に名が見える。布忍富鳥鳴海神と若尽女神との子で、遠津待根神との間に遠津山岬多良斯神を生む。
諸説
 『古事記』の出雲神話中に記された須佐之男命の系譜と大国主神の系譜は、もとは一つに連続した記事だったといわれる。大年神の系譜を含めた三系譜全体の構造が問題となるが、本文の不審や、系譜と物語との内容の食い違いなど、疑問点が多い。系譜中の神々の多くは他文献に見えず、『古事記』でも事跡が語られないため、それぞれの意義や関係性が明らかにしがたい。全体の解釈としては、大国主神の性格付けが天皇系譜との対比によって系譜に示されているとする説や、国土神から水の神へとその誕生を物語る出雲土着の神話が骨子になっているとする説、神の祝福を受けて豊かな自然環境が出現することを望む人々の願いが反映されているとする説がある。
 天日腹大科度美神の名義について、「日腹」を日原の意として、「天日腹」を天の神聖な原と解する説がある。このヒを「日」の意と見た場合、母神の若昼女神との昼・日によるつながりも着目される(「若昼女神」は「若尽女神」とする説もある)。「科度」は『日本書紀』に風神の級長戸辺(しなとべ)命が見えて、類似が指摘されている。シナトのシをアラシ・ツムジ・ニシのシとみて風の意とし、大祓祝詞の「科戸の風の天の八重雲を吹き放つ事の如く……」のシナトの例から、シナトを風の処の意で、風の吹き起る処とする説や、坂処の意で坂になった処のこととする説がある。「美」は美称の接尾語とする説、神霊の意とする説がある。「日原」はまた、『出雲国風土記』大原郡に「日原社」、『延喜式』神名帳・丹後国加佐郡に「日原神社」があることが指摘されているが、関係性については詳しく論じられていない。
 妻の遠津待根神の父、天狭霧神は霧にまつわる神であるが、風と霧との結びついた表現が、『古事記』に「吹き棄つる気吹の狭霧」(うけい段)とあり、『日本書紀』や『常陸国風土記』にも動物の息を霧と表現した例が散見され、また『日本書紀』(神代巻五段一書六)に、朝霧を吹き払った息が風の神、級長戸辺命に成ったことなど、霧と風との関わりから両者のつながりがうかがわれる。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第三巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年8月、初出1976年4月)
倉野憲司『古事記全註釈 第三巻 上巻篇(中)』(三省堂、1976年6月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
菅野雅雄「神々の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1982年9月)
菅野雅雄「須佐之男命の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1984年3月)
姜鐘植「スサノヲ系譜「十七世神」について―系譜と説話の関わりという観点から―」(『井手至先生古稀記念論文集 国語国文学藻』和泉書院、1999年12月)
福島秋穗「八嶋士奴美神より遠津山岬多良斯神に至る神々の系譜について」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月、初出2002年1月)
谷口雅博「『古事記』上巻・出雲系系譜記載の意義」(『日本神話をひらく「古事記」編纂一三〇〇年に寄せて―第九回:フェリス女学院大学日本文学国際会議―』、2013年3月)

神名データベース トップへ戻る

先頭