神名データベース

神名データベース凡例

神大市比売

読み
かむおほいちひめ/かむおおいちひめ
ローマ字表記
Kamuōichihime
別名
-
登場箇所
上・須賀の宮
他の文献の登場箇所
神名式 大市神社(伊勢国安濃郡)
旧 神大市姫(地祇本紀)
梗概
 須佐之男命の系譜中に見える。大山津見神の娘で、須佐之男命との間に二神(大年神・宇迦之御魂神)を生んだ。
諸説
 『古事記』の出雲神話中に記された須佐之男命の系譜と大国主神の系譜は、もとは一つに連続した記事だったといわれる。大年神の系譜を含めた三系譜全体の構造が問題となるが、本文の不審や、系譜と物語との内容の食い違いなど、疑問点が多い。系譜中の神々の多くは他文献に見えず、『古事記』でも事跡が語られないため、それぞれの意義や関係性が明らかにしがたい。全体の解釈としては、大国主神の性格付けが天皇系譜との対比によって系譜に示されているとする説や、国土神から水の神へとその誕生を物語る出雲土着の神話が骨子になっているとする説、神の祝福を受けて豊かな自然環境が出現することを望む人々の願いが反映されているとする説がある。
 神大市比売の名義について、「神」は美称とされる。「大市」は地名とする説や、立派な市場の意で、その支配神たる山の神とする説、イチを「厳」の意のイチ・イツで巫女や女神を指すものとする説がある。また、「大市」を各地の地名と関連づけて、それが市場ではなく「大内」「大河内」の意で、河川に沿った平地のことであることから、水田の耕作にまつわる神とし、水源としての性格を持つ大山津見神と、その流れを引いて水田の耕作が営まれる川沿いの平地の神であるこの神が親子の関係となり、さらに、稲の稔りの神である大年神がその子神として結ばれている所に、その系譜の本義が認められるとする説がある。
 『延喜式』神名帳・伊勢国安濃郡に「大市神社」(三重県津市安濃町妙法寺)があり、「大市比売命」を祭るが、直接関係があるかは未詳である。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第二巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年6月、初出1975年1月)
倉野憲司『古事記全註釈 第三巻 上巻篇(中)』(三省堂、1976年6月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
中西進『中西進著作集 1 古事記をよむ 一』(四季社、2007年1月、初出1985年11月)
菅野雅雄「神々の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1982年9月)
菅野雅雄「須佐之男命の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1984年3月)
大林三千代「神大市比売の名義について―大年神の系譜をめぐって(二)―」(『江南女子短期大学 紀要』20号、1991年1月)
三浦佑之「大国主神話の構造と語り―『古事記』の口承性―」(『古事記研究大系8 古事記の文芸性』高科書店、1993年9月)
姜鐘植「スサノヲ系譜「十七世神」について―系譜と説話の関わりという観点から―」(『井手至先生古稀記念論文集 国語国文学藻』和泉書院、1999年12月)
福島秋穗「八嶋士奴美神より遠津山岬多良斯神に至る神々の系譜について」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月、初出2002年1月)
谷口雅博「『古事記』上巻・出雲系系譜記載の意義」(『日本神話をひらく「古事記」編纂一三〇〇年に寄せて―第九回:フェリス女学院大学日本文学国際会議―』、2013年3月)

神名データベース トップへ戻る

神名データベース

神名データベース凡例

神大市比売

読み
かむおほいちひめ/かむおおいちひめ
ローマ字表記
Kamuōichihime
別名
-
登場箇所
上・須賀の宮
他の文献の登場箇所
神名式 大市神社(伊勢国安濃郡)
旧 神大市姫(地祇本紀)
梗概
 須佐之男命の系譜中に見える。大山津見神の娘で、須佐之男命との間に二神(大年神・宇迦之御魂神)を生んだ。
諸説
 『古事記』の出雲神話中に記された須佐之男命の系譜と大国主神の系譜は、もとは一つに連続した記事だったといわれる。大年神の系譜を含めた三系譜全体の構造が問題となるが、本文の不審や、系譜と物語との内容の食い違いなど、疑問点が多い。系譜中の神々の多くは他文献に見えず、『古事記』でも事跡が語られないため、それぞれの意義や関係性が明らかにしがたい。全体の解釈としては、大国主神の性格付けが天皇系譜との対比によって系譜に示されているとする説や、国土神から水の神へとその誕生を物語る出雲土着の神話が骨子になっているとする説、神の祝福を受けて豊かな自然環境が出現することを望む人々の願いが反映されているとする説がある。
 神大市比売の名義について、「神」は美称とされる。「大市」は地名とする説や、立派な市場の意で、その支配神たる山の神とする説、イチを「厳」の意のイチ・イツで巫女や女神を指すものとする説がある。また、「大市」を各地の地名と関連づけて、それが市場ではなく「大内」「大河内」の意で、河川に沿った平地のことであることから、水田の耕作にまつわる神とし、水源としての性格を持つ大山津見神と、その流れを引いて水田の耕作が営まれる川沿いの平地の神であるこの神が親子の関係となり、さらに、稲の稔りの神である大年神がその子神として結ばれている所に、その系譜の本義が認められるとする説がある。
 『延喜式』神名帳・伊勢国安濃郡に「大市神社」(三重県津市安濃町妙法寺)があり、「大市比売命」を祭るが、直接関係があるかは未詳である。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第二巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年6月、初出1975年1月)
倉野憲司『古事記全註釈 第三巻 上巻篇(中)』(三省堂、1976年6月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
中西進『中西進著作集 1 古事記をよむ 一』(四季社、2007年1月、初出1985年11月)
菅野雅雄「神々の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1982年9月)
菅野雅雄「須佐之男命の系譜」(『菅野雅雄著作集 第四巻 古事記論叢4 構想』おうふう、2004年7月、初出1984年3月)
大林三千代「神大市比売の名義について―大年神の系譜をめぐって(二)―」(『江南女子短期大学 紀要』20号、1991年1月)
三浦佑之「大国主神話の構造と語り―『古事記』の口承性―」(『古事記研究大系8 古事記の文芸性』高科書店、1993年9月)
姜鐘植「スサノヲ系譜「十七世神」について―系譜と説話の関わりという観点から―」(『井手至先生古稀記念論文集 国語国文学藻』和泉書院、1999年12月)
福島秋穗「八嶋士奴美神より遠津山岬多良斯神に至る神々の系譜について」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月、初出2002年1月)
谷口雅博「『古事記』上巻・出雲系系譜記載の意義」(『日本神話をひらく「古事記」編纂一三〇〇年に寄せて―第九回:フェリス女学院大学日本文学国際会議―』、2013年3月)

神名データベース トップへ戻る

先頭