古事記ビューアー

古事記の最新のテキストを見ることができます。
諸分野の学知を集めた
注釈・補注解説とともに
古事記の世界へ分け入ってみましょう。

目次を開く 目次を閉じる

於是ここに、伊耶那岐命づ「阿那迩夜志愛袁登賣袁」と言ひ、 後に妹伊耶那美命、「阿那迩夜志愛袁登古袁」と言ふ。 如此かく言ひ竟へて、御合して生める子は、 あはわけしま 次に伊予之いよの二名ふたなの嶋を生む。 此の嶋は身一つにしておも四つ有り。面毎ごとに名有り。 故、伊予の国は比売ひめと謂ひ、 讃岐さぬきの国は飯依比古いひよりひこと謂ひ、 あはの国はおほと謂ひ、 土左とさの国は建依たけよりわけと謂ふ。 次に隠伎之三子おきのみつごの嶋を生む。 またの名は天之忍許呂別あめのおしころわけ 次に筑紫つくしの嶋を生む。 此の嶋も身一つにして面四つ有り。面毎に名有り。 故、筑紫の国は白日しらひわけと謂ひ、 とよの国はとよわけと謂ひ、 の国は建日向日豊久士比泥別たけひむかひとよくじひねわけと謂ひ、 熊曽くまその国はたけわけと謂ふ。 次にの嶋を生む。 亦の名はあめはしらと謂ふ。 次に津嶋つしまを生む。 亦の名はあめよりと謂ふ。 次に佐度さどの嶋を生む。 次に大倭おほやまととよあき津嶋づしまを生む。 亦の名はあめ御虚空みそらとよあき津根つねわけと謂ふ。 故、此の八嶋やしまを先づ生めるにりて、大八嶋おほやしまくにと謂ふ。 しかる後に、かへす時に、 吉備きび児嶋こじまを生む。 亦の名はたけ日方ひかたわけと謂ふ。 次に小豆あづきしまを生む。 亦の名はおほと謂ふ。 次に大嶋おほしまを生む。 亦の名はおほ多麻たまわけと謂ふ。 次にひめしまを生む。 亦の名は天一あめひとつと謂ふ。 次に知訶ちかの嶋を生む。 亦の名は天之あめの忍男おしをと謂ふ。 次に両児ふたごの嶋を生む。 亦の名はあめ両屋ふたやと謂ふ[吉備の児嶋より天の両屋の嶋に至る、あはせて六つの嶋]。

〇御合  結婚・交合の意。「ミトノマグハヒ」「クミドニオコシテ」という特殊な表現を用いた最初の婚姻場面については、結果的に子生みに失敗しているのに対し、成功が語られるこの場面において、単に「御合」としか無い点にやや疑問が残る。『古事記』中には「合」の他「婚」「嫁」「目合」「娶」「ミトノマグハヒ」「ミトアタハシツ」などの語が結婚・交合の意で用いられる。物語展開としては「合」の後に「婚」となるというような段階を示している場合もある(ニニギの結婚の場合など)。吉井巌は、「娶」字の用法を精査し、比較的新しく作られた皇統譜の記述が「娶」で記されるのに対し、古い伝承によると考えられる神々の系譜的表現(国生み神話)には「娶」以外の表現が見られると説き、帝紀と舊辞との資料性の相違について論じた(「帝紀と舊辞―娶の用字をめぐって―」『天皇の系譜と神話一』塙書房一九六八・一一)。ただ、資料性の問題のみに還元し得るかどうかは考察の余地がある。 〇淡道之穂之狭別嶋  諸注、淡路島であると述べる。記伝に「名義は、阿波國へ渡る海道にある嶋なる由なり」とし、「始に生坐る嶋なれば、稻穗の先出そめたるによそへて、穗之早の意歟」という。講義はこれを「最初のワケ(別)」とし、亦名ではなく説明かもしれないと可能性を示した。穂之狭別の「穂」は粟に因んでいるとする説もある(新講)。なお、『日本書紀』には、少彦名命が淡嶋で粟茎に登り、弾かれて常世に渡った話がみえる。生まれる島の第一に淡路之穂狭別嶋が描かれる理由について、思想は、国生み神話の原形が淡路島に伝えられていた地方的な島造りの神話であったからではないかとする。 〇伊予之二名嶋  記伝によれば「二名」は「二並」の借字であるといい、新講は記伝説に則って東西南北どこからみても二つずつ並んでいる姿を指摘する。他方、集成は「もう一つの総称として「阿波国」ともいうから「二名」と言ったか」としている。しかし、『古事記』では粟国が二名嶋の四つある面のうちの一つとして描かれており、集成の理解には疑問が残る。 〇此嶋者身一而有面四  イザナキ・イザナミ二神が「身」をもって生んだ島々も「身」として位置づけられている。二神の身体問答から繋がる表現。 〇伊予国  愛比売  現在の愛媛県。記伝は「此國は女子の始の意にて、兄比賣か、(中略)又 宜き意か」という。 愛袁登古・愛袁登賣の愛と同じ。 〇讃岐国  飯依比古  現在の香川県。記伝は「隣の粟國を大宜都比賣といへば、飯もそれに由あるか」という。飯の精霊の依りつく男の意。 〇粟国  大冝都比売  現在の徳島県。記伝以来、粟をよく産出した国であることによる名とされる。紀伊国は木、吉備国は黍と関係するのと同じであろう。この名は後に火の神誕生の直前にも見える。別神とする意見が多いが、何故同名の神名が登場するのかは不明。スサノヲに殺害されるオホゲツヒメは後に登場する方の神か。 〇土左国  建依別  現在の高知県。全講は「雄々しい威霊のより憑いた男の意」という。集成によれば、およそ四国は男と女の名に二分され、また穀物名とそうでない名とに二分されているのが特徴だという。「建」については建速須佐之男命の項で後述。 〇隠伎之三子嶋  天之忍許呂別  隠岐は島前・島後の四島よりなるが、『古事記』では「三子嶋」とされるため、数が合わない。記伝は島前と称される三島が隠伎之三子嶋であるとする。集成によれば、これは島根県美保関から隠岐嶋に進行した時の視覚に基づくものだという。なお、四国・隠岐・九州という島生みの順番が不自然であるとの指摘がある(全注釈)。天之忍許呂別について記伝は、忍は大の約言と指摘し、その傍証として神代紀一書の「熊野忍隅命」が別の一書に「熊野大隅命」とあることを挙げる。また標註が「ものを押ふる意にて、勢あるを云」と言い、「忍」の解釈は二説に分かれる。許呂は凝り固まる意(講義)か、「子+接尾語「ろ」」という(評釈)。講義は隠岐島が島々の集まった塊であることに起因する名とする。また全註釈は、忍許呂は「押し凝」であるという。 〇亦名  『古事記』の亦名は、単なる別名をいうものではなく、全く別個の存在を結合させるための表現であるとの指摘がある(菅野雅雄『古事記系譜の研究』桜楓社一九七〇・一)。 〇筑紫嶋  九州の総名。狭義の筑紫(福岡県)が全島の政治・交通の中心であったため、「筑紫島」を九州全島の総称としたという(旧全集)。 〇筑紫国  白日別  筑前と筑後、今の福岡県にあたる。白日別の名義は未詳。「向日」説、「明るい日」説、「白縫」説あり。筑紫郡筑紫野原田に白日別を祭る筑紫神社がある。 〇豊国  豊日別  今の大分県。豊日は、記に橘豊日王(用明)、紀に天萬豐日天皇(孝徳)がみえる。注釈では、筑紫の四つの国にはみな「日」がついているが、これは「筑紫の日向の……」という神話上の決まり文句から来たものと思われるという。 〇肥国  建日向日豊久士比泥別  肥前と肥後。現在の長崎県・熊本県。佐賀県を含むとする説、また宮崎県を加える説もある。その名について評釈は建日向日と豐久士比泥という二つの名が一つになったかとする。日向は地名か、あるいは日に向かうことを指す言葉。久士比は奇日、泥は親称の接尾語と考えられる。国生みにおいて国名としての日向は現れない。注釈は、この神名は天孫降臨条の日向之高千穂之久士布流多気と関わりをもち、その変形に違いないとする。 〇熊曽国  建日別  熊本県南部から鹿児島県にかけての称。『豊後国風土記』には「球磨囎唹」とある。全註釈によれば、熊曽国は熊の国と曽の国を総括した呼び名で、九州の南半分とみるのが穏やかであり、ここに日向国がなく熊曽国がある理由は、皇威の及んでいる九州北半部(筑紫・豊・肥)に対し、皇化に浴しない西戎の跋扈している南半部の地域とみられていたからと思われる、という。 〇伊伎嶋  天比登都柱  現在の長崎県の壹岐。記伝は天比登都柱について、「海中に離て一ある嶋なればなるべし」という。 〇津嶋  天之狭手依比売  現在の長崎県にある対馬。記伝は韓半島へ渡る船の泊まる津であることによるとする。狭手は未詳だが、『万葉集』にみえる小網(巻一・三八、巻四・六六三)が参考となるか。依は依りつく意。 〇佐度嶋   現在の新潟県佐渡市。記伝は名義は狭門か、という。この嶋のみ、別名を持たない。 〇大倭豊秋津嶋  本州の総称であろうという説と、大和を中心とした畿内地域をさすとする説がある。秋津嶋については「明つ島」説・「現つ島」説などあり、また注釈によれば掖上あたりの地名(孝安天皇の宮)から出ているという。諸説あり、未詳。 天御虚空豊秋津根別  全書は、アマツミソラは後に皇孫について天津日高・虚空津日高と出てくるのなどに関聯する美称、ネは神人名にしばしばあらわれるが、宗教的性能を暗示する、と指摘する。 〇大八嶋国  思想は、八島国に「大」がつくことはその性格の変化を意味し、大は王権に関わるものにつく冠辞(大后・大膳・大舎人・大歌など)であるから、大八嶋国は政治的な天皇の支配領域を指す語であるとする。 〇還坐之時  八つの島を生み廻って淤能碁呂島へ還ったとするのが通説だが、新編は、生み廻るというのは無理があるとする。「還」とある理由は未詳。 〇吉備児嶋   建日方別   現在の岡山県児島半島。中世頃までは島を成していたという。建日方別の日方は日のさす方を指す語か。崇神紀七年八月に「奇日方天日方武茅渟祇」の名があり、『万葉集』にも「天霧らひ 日方吹くらし」(巻七・一二三一)がある。 〇小豆嶋  大野手比売  現在の香川県小豆島。吉備・紀伊・阿波などと同じく、小豆のとれた土地なのでこの名があるか。大野手比売は名義未詳だが、苗手(稲を束ねる藁)で野手比売は即ち早乙女の意となるとする意見がある(全註釈)。 〇大嶋  大多麻流別  大三島(愛媛県越智郡大三島町)とする説、また大島(山口県柳井市東にある屋代島)とする説など諸説あるが不明。大多麻流別については、水が溜まることによるとする全集の説と、船だまりの意とする全註釈の説がある。 〇女嶋  天一根  大分県国東半島東北の姫島かという。島名について記伝は女嶋を日字の脱であるとする。天一根は海中の孤島の意とされる。 〇知訶嶋  天之忍男  現在の長崎県五島列島。古くから外国交通および防衛の要所として知られる。天之忍男は天の威力ある男神の意か。 〇両児嶋  天両屋  五島列島の南の男島・女島であろうかとされる。天両屋は天の二つ並んだ屋根の意か。集成は、「海上遠く天空に見えるので「天の」を冠したもの」と述べた。天御虚空豊秋津根別以外の「天」を名に冠する島々は全て比較的小規模な島である。

本文に戻る

於是伊耶那岐命先言阿那①夜志愛袁登賣袁 後妹伊耶那美命言阿那迩夜志愛袁登古袁 如此言竟而御合生子 淡道之穂之②別嶋[訓別云和氣下效此] 次生伊豫之二名嶋 此嶋者身一③有面四毎⑤有名 故伊豫國謂愛比賣[此三字以音下效此也] 讃岐国謂飯依比古 粟國謂大冝都比賣[此四字以音] 土左國謂建依別 次生隠伎之三子嶋 亦名天之忍許呂別[⑥呂二字以音] 次生筑紫嶋 此嶋亦身一而有面四毎面有名 故筑紫國謂白⑦ 豊國謂豊日別 肥國謂建日向日豊久士比泥別[自久⑧泥以音] 熊曽國謂⑨日別[曽字以音] 次生伊岐嶋 亦名謂天比登都柱[自比至都以音川天如天] 次生津嶋 亦名謂天之⑩手依比賣 次生佐度嶋 次生大倭豊秋津⑪ 亦名天御虚空豊秋津根別 故因此八嶋先所生謂太八嶋國 然後還坐之時 生吉備兒嶋 亦名謂建日方別 次生小豆嶋 亦名謂大野⑫比賣 次生大嶋 亦名謂大多麻流別[自多至流以音] 次生女嶋 亦名謂天一根[訓天如天] 次生知訶嶋 亦⑬天之忍男 次生兩兒嶋 亦名謂天兩屋[自吉備兒嶋至天兩屋嶋并六嶋] 【校異】
①  真  ナシ  道果本以下による。
②  真 「使」   猪熊右傍イ本注及び寛以下による。道・祥・春は脱。春はイ本注「使」。
③  真 「面」  兼永本以下による。
④  真  ナシ。○符右傍書「有四」。真の「四」を兼永本以下によって改める。
⑤  真 「而」  道果本以下による。
  ※(3)〜(5)の真「(身一)面有四四毎而有名」
⑥  真 「訓」  兼永本以下による。
⑦  真 「曰」  道祥本以下による。票
⑧  真 「主」  道果本以下による。
⑨  真 「違」  道果本以下による。
⑩  真 「使」  道果〜前田本は「狭」、曼殊院本以下「狹」に作る。道以下による。
⑪  真  ナシ  道果本以下による。
⑫  真 「午上」  道果本以下「手上」。前田本「乎止」に作り、「乎」の左傍書「手イ」。寛永・春満本は「大野手比賣」に作る。道果本以下による。
⑬  真 「亦」  道果本以下による。

このようなことで二神は返り降って、もう一度天の御柱を前のときのように行き廻ったのである。今度は伊耶那岐命が、先に「ああ、なんて美しい女性なんだろう」と言い、 後から伊耶那美命が「まあ、なんと素敵な男性なんでしょう」と言った。 このように言い終わって結婚なさって、生んだ子が 淡道之穂狭別島、 次に伊予之二名島をお生みになった。 この島は体は一つで顔が四つあり、顔ごとに名がある。 伊予国を愛比売といい、 讃岐国を飯依比古といい、 粟国を大宜都比売といい、 土佐国を建依別という。 次に隠伎の三子の島をお生みになった。 別名は天忍許呂別。 次に筑紫島をお生みになった。 この島も体一つに顔四つがある。顔ごとに名がある。 筑紫国を白日別といい、 豊国を豊日別といい、 肥国を建日向日豊久士比泥別といい、 熊襲国を建日別という。 次に伊岐島をお生みになった。 別名を天比登都柱という。 次に津島をお生みになった。 別名を天之狭手依比売という。 次に佐渡島をお生みになった。 次に本州にあたる大倭豊秋津島をお生みになった。 別名を天御虚空豊秋津根別という。 そしてこの八つの島を先ずお生みになったことに因んで大八島国という。 このような国生みのことがあってからお帰りになる時に、 吉備の児島をお生みになった。 別名を建日方別という。 次に瀬戸内海の小豆島をお生みになった。 別名を大野手比売という。 次に大島をお生みになった。 別名を大多麻流別という。 次に女島をお生みになった。 別名を天一根という。 次に知訶島をお生みになった。 別名を天の忍男という。 次に両児の島をお生みになった。 別名を天両屋という。吉備の児島から天両屋の島まで合わせて六つの島である。

先頭