古事記ビューアー

古事記の最新のテキストを見ることができます。
諸分野の学知を集めた
注釈・補注解説とともに
古事記の世界へ分け入ってみましょう。

目次を開く 目次を閉じる

次に成る神の名は、 国之常立神。 次に豊雲野神。 此の二柱の神亦、独神と成り坐して、身を隠しき。 次に成る神の名は、宇比地迩神。次に妹須比智迩神。[此二神名音。] 次に角杙神。次に妹活杙神。[二柱。] 次に意冨斗能地神。次に妹大斗乃弁神。[此二神名亦音。] 次に於母陀流神。 次に妹阿夜訶志古泥神。[此二神名皆音。] 次に伊耶那岐神。次に妹伊耶那美神。[此二神名亦以音如上。] 上の件の、国之常立神より以下、伊耶那美神より以前、并せて神世七代と称ふ。 [上の二柱の独神は各一代と云ふ。次に双へる十神は各二神を合せて一代と云ふ也。]

〇国之常立神  「常立」については、「天之常立神」の項(注釈(一))を参照。『日本書紀』では本書・一書一・一書四・一書五で最初に出現する神として「国常立尊」が見える。この神を最初に出現した神とする神話の存在が窺える。「国之」とあるのは、本来この神名が地上世界の土台の出現に関わる名であったことを示すと思われる。『古事記』の場合も、「別天神」を境に「天」と「国」とが対応しているようにも見えるが、伊耶那岐・伊耶那美までの神々は、すべて高天原において出現した神と捉えられる。 〇豊雲野神  豊は美称でほぼ諸注釈で一致するが、雲野について、宣長は、「雲野は、字は借字にて、久毛は(中略)物の集り凝る意と、初芽す意とを兼たる言」「野はヌと訓みて(中略)沼の意なるべし」と言い、国土となるべき兆しと見る。その他に、「天上と国土の間に介在充満する雲霧の暗示」(全書)、「雲野は、雲の向伏す原野。国土と原野、または国土に関する神」(全註釈)、「ずっと雲のごときものがとろとろと浮動しているさまを暗示」(注釈)、「生気の象徴たる雲がおおう豊かな野の意で、生成の具体的な場」(新全集)、「雲は虚空の象徴。野は台状の大地形成の象徴を神格化」(新版)等諸説が見られる。『古事記』の用例からすれば、「野」は借訓字ではなく、正訓字であろう。天・海を天原・海原等と表現する方法と同じく、雲の広がる様を雲野と表現したものか。語構成としては、「雲」の下に「上」の声注が付されているところから「雲」で切れるのではなく「雲野」と続く、すなわち「豊=雲野」と解するべきこと、小松英雄に論がある(注釈一「天地初発」参照)。なお『日本書紀』を見ると、本書に「豊斟渟尊」とあり、一書一には「豊国主尊」と記した後に亦名として「豊組野尊・豊香節野尊・浮経野豊買尊・豊国野尊・豊囓野尊・葉木国野尊・見野尊」と多くの名が記されており、神名に揺れのあったことが知られる。 〇宇比地迩神・須比智迩神  ウヒヂニノカミ・スヒチニノカミ。ウは「初」(講義)、スは「砂」(講義・新全集)等の説があるが、未詳。ヒヂ・ヒチは泥を意味するという点で諸説一致している。『日本書紀』の表記「埿土煑尊[埿土、此をば于毘尼と云ふ。]沙土煑尊。[沙土、此をば須毘尼と云ふ。]」からするならば、ウヒヂは「泥土」、スヒヂが「沙土」ということになるので、そうした解釈も可能だと思われるが、前項の豊雲野神の場合がそうであるように、『日本書紀』の表記をそのまま神名の原義と見ることには問題がある。「ヒヂ」を名に持つペアの神という以上のことは今のところ不明である。「迩」については、これも土の意と取るものもあるが、『日本書紀』の表記でそう取ると、「土」の意が重なることになる。『日本書紀』の場合、表記の点と、亦名に「埿土根尊・沙土根尊」とあるところからすれば、親称の接尾辞「ネ」と理解しているようである。 『古事記』の場合、「宇比地迩神次妹須比智迩神」というように、「迩」の次に「上」「去」とあるのは、音の高低によって男女の性別を区別している可能性が指摘されている(注解)。なお、須比智迩は通常スヒヂニとよまれるが、「智」は通常「チ」の訓であること(修訂)と、「泥[比知利古](平平平平)」(図書寮本名義抄)」等の例の指摘(注解)により、「スヒチニ」とよむ。この二神から男女対の神として出現している。
〇妹  この「妹」を、文字通り「妹」と取るか、「妻」と取るかで見解が分かれるところである。宣長は夫婦・兄弟・他人に関わらず、男と女と並ぶときにその女を指していう称だという。しかし西郷信綱は、『万葉集』の歌では「妹」は妻・恋人を指すのに対し、題詞では「妹」は文字通り「妹」を指す点からすれば、散文では「妹」は「妹」であるとし、これら二神は兄妹であると捉える。それに対して西宮一民は、『万葉集』の書き分けを『古事記』にも適用することは出来ないと反論し、宣長説と同様の見解を示している(『古事記注釈』書評)。「妹」を兄妹の妹と取るか、男に対する女を示すと取るかは、伊耶那岐と伊耶那美の神話を兄妹婚と取るか否か、延いては、二神による国生み神話を洪水型兄妹始祖神話の範疇に含めて考えるのかという問題と絡むものである。【補注六】兄妹始祖型洪水神話
〇角杙神・活杙神  杙の神格化された神名であろうが、杙の表す意味は必ずしも明確ではない。杙は通常境界に立てられるもの、土地占有の印等の意味を持って立てられることが多い。前項「ウヒヂニ・スヒチニ」から更に進んだ状態としての具体的表象としての杙と捉えられている節があるが、定かではない。「ツノ」は固くしっかりしている(全書)、「イク」は生命力あふれる意(注解)等と説かれる。生命力の芽生えのような意味合いがあるのかも知れないが、前後の神々の持つ意味合いを考慮して考える必要がありそうである。 〇意冨斗能地神・大斗乃弁神  トは所の意と解されるが、その所を「大地」と見る説(新講)、「殿」と見る説(標註)、「居所」と見る説(大系)、「男女の陰部」と見る説(旧全集)等に分かれる。ヂはヒコヂのヂと同じく男性を表す語、対してベは、女性を表す語で、メの転と考えられているが、メに対するのはヲであり、ヂに対するのはハ(オホヂに対してオホバ、チチに対してハハ等)であるという見方から、ハの転とする説(注解)もある。ここまでの神名は、結局のところ神世七代の神名を全体としてどう捉えるかということに関わるので、個々の検討には限界があろう。 〇於母陀流神  『日本書紀』の「面足尊」という表記に神名理解を求める説(宣長)、その「面」を大地と取って、「面足」を、大地の充足・完成の意と見る説(評釈・新講)、顔かたちの充実の意だが、もとは大地の完備を示すと見る説(全講)、人体の完備と取る説(全註釈・新全集)等がある。 〇阿夜訶志古泥神  アヤは感動詞、カシコは恐れ多いの意の形容詞の語幹であるという点では諸説一致する。しかし前項「オモダル」をどう理解するかによって、何に対して感動しているのかという点には相違が生じている。人間の意識の発生を示すもので、人体が完備し(オモダル)、意識が発生したということを説く見方もある(全註釈)。 〇伊耶那岐神・伊耶那美神  「誘ふ」の語幹「イザナ」を神名としたとする見方、若しくは「イザ」+「ナ(助詞)」と取る見方もあるが、いずれにしても誘い合う男女神という解釈になる。 〇神世七代  「神世」は人の世に対するもの。『古事記』中では、各天皇の「御世」があるのに対して「神世」という大枠の「世」として認識されているように思われる。上巻においては、天孫降臨条に「御世」の語が見え、これは歴代天皇の御世を指すと見られるが、大国主神の系譜に「十七世」とあるのは、神世を記す上巻にあって異質な感があり、問題を残す(谷口雅博「『古事記』上巻・出雲系系譜記載の意義」『日本神話をひらく』フェリス女学院大学二〇一三・三参照)。「代」は、『古事記』中では神人名・地名、「御名代」「机代」等の例が見出せるが、世代の意で用いられていると見られるのはここのみである点、注意される。【補注七】「神世七代」 〇双  「双神」は先の「独神」に対応する。「独神」は「隠身」した神である。その「独神」に対して、「身」をもって天神の「命以」を遂行するのが、「双神」の完成体である伊耶那岐命・伊耶那美命であると思われる(注釈(一)及び谷口雅博「古事記神話の身を考える」『古代文化研究』三三号二〇一一・三参照)。

本文に戻る

兄妹始祖型洪水神話

天の浮橋に立つイザナキとイザナミの下には、海が広がっており、そこに二人は淤能碁呂嶋をつくり、降り立つ。そして国生みをはじめた。一面海のなかで、二人だけが存在するという状況である。この神話について岡正雄は、洪水神話の痕跡があることを次のように指摘した。
日本神話における種族祖神、イザナギ・イザナミ兄妹神が結婚して、神々を生むという神話は、南中国や、東南アジアの諸種族にしばしば見られる洪水神話の破片である。これらの諸族の神話では、洪水で人類が死に絶え、ただ兄妹の二人が生き残る。兄妹だから結婚できない。そこでこの近親婚の禁止を解く呪的儀礼を行って、兄、妹が他人として結婚し、子孫を生むということが語られている。日本神話では、この神話の洪水の部が脱落しているにすぎなく、内容はディテールにおいて全く同じである。(岡正雄『異人その他』言叢社一九七九・一二、四〇頁)
 この説を受け、大林太良は、岡説は「事態を著しく単純化して」いるとしながらも、イザナキ、イザナミの神話が、華南や東南アジアの「兄妹始祖型洪水神話」と関係があると認め、さらに詳しい分析を試みた(大林太良『神話の系譜』講談社一九九一・二、二四五―二五六頁)。
 彼らが注目している「兄妹始祖型洪水神話」の典型的なものとして、ミャオ族の神話がある。この神話によれば、神の怒りによる大洪水を一組の兄妹だけが生き残った。子孫を残すため、兄が妹と結婚しようとするが、妹は兄弟であることを理由に断る。強いて頼むと、妹は、追いかけて捕まえられたら結婚してもよいという。木のまわりで兄は妹を追いかけるが、なかなか追いつけない。そこで兄が向きを変えて反対に巡ったところ、捕まえることができ、二人は結ばれた。子供が生まれるが、手足もない、肉の塊であったため、細かく刻んだ。それが地に落ち、人間になったという(君島久子『中国の神話』筑摩書房一九八三・一より)。物の周りを巡ることや、最初の子が不具であるなど、イザナキ、イザナミの神話との共通点は少なくない。
洪水神話は世界中ひろい範囲で見いだされるものである。もっとも有名なものは旧約聖書の記されたノアの方舟の物語だろう。この物語も、「ギルガメシュ叙事詩」にあるウトナピシュティムの神話、また「アトラ・ハシース」の神話と酷似しており、西アジアから広がる洪水神話のモチーフの一つである。インドにも「シャタパタ・ブラーフマナ」などに方舟モチーフといわれる神話がある。フレーザーは、『旧約聖書のフォークロア』のなかで、世界の洪水神話と旧約聖書の関係を論じたが、世界に広がる洪水神話が単一の起源を有することについては否定的である。
 日本神話についていえば、原初、一面が海であったという状況を洪水モチーフの欠落と解釈することについては異論もあるだろう。洪水に限らず、津波なども含めた自然災害を被ってきた島国の状況が国生みの光景を生み出したとも考えられる。              〔平藤喜久子〕

「神世七代」

神世七代の構成意識は明確ではない。はじめの「独神」二柱と、後の「双神」五組を併せて「七代」と数えるのは、いかにも不自然である。はじめの五柱と、後の七代とで分ける、所謂中国の聖数に合わせるという意図があったのかも知れないが、やはり国常立神・豊雲野神と、双神五組を併せて七代とするのは不審が残る。それ以前の「別天神」五柱と、後の神々との相違を意識させる書き方ではあるのかも知れない。また、イザナキ・イザナミ以降は、この二神が「生む」ことで国・神を出現させるので、自からそこに世代が生じるわけだが、それ以前に世代を表明するための手段として「七代」という表現が必用とされたのかも知れない。先の「別天神」はそうした世代意識を超越した存在として位置付けられるのであろう。さて、双神十柱の示す意味内容は、『古事記』神話内部における意味合いについて、考えてみる必要がありそうである。『日本書紀』の場合は神名の文字表記に意味を与えており、その意味は『古事記』と意識を共有しているとは言い難い点が見られるからである。宣長は、「国土の初めと神の初めとの形状を、次第に配り当て負せ奉りしものなり」と言い、両義的に解釈をしているようである。先に見た中では、例えば新講などは一貫して大地の生成を示すものと見ているし、大系などでは、建物の形成を背後に見ているようなところがある。しかし、例えば全註釈の理解では、神世七代の神々の意味する内容を、国土の根源→原野の形成→土砂の発生→杙の打込み→居所の完成→人体の完備・意識の発生→夫婦の発生と見ており、首尾一貫性が無い。それに対して金井清一(「神世七代の系譜について」『古典と現代』 49 、一九八一・九。なお注解はこの説を採用する)は、それぞれの神名の意義を、神の原質としての泥と砂↓現れ出ようとする最初の形→男女神の性が形態として表面化したこと→形態の完備を体と用の両面から言ったもの、というように神体の生成(身の生成)に向かう一連の流れとして捉えており、イザナキ・イザナミ二神が身体を伴う行動をこの後とっていくという神話の流れともそれは符号するものとして了解される。               〔谷口雅博〕

次成神名 国之常立神[訓常立亦如上] 次豊雲①野神 此二柱神亦獨神成坐而隠身也 次成神名宇比地迩神次妹須比智迩神[此二神名以音] 次角杙神次妹活杙神②[二柱] 次意冨斗能地神次妹大斗乃弁神[此二神名亦以音] 次於母陀流神 次妹阿夜訶志古泥神[此二神名皆以音] 次伊③耶那岐神次妹伊耶那美神[此二神名亦以音如上] 上件自国之常立神以下伊耶那美神以前并稱神世七代 [上二柱獨神各云一代次雙④十神各合二神云一代也] 【校異】
① 真「上」  兼永本以下による。
② 真「柱」  道果本以下による。
③ 真「ナシ」  道果本以下による。
④  真「十神十神」  道果本以下による。

次に出現した神の名は、 国之常立神。 次に豊雲野神。 この二柱の神も、性別を持たない神として出現して身体を隠した。 次に出現した神の名は宇比地迩神、次に妹須比智迩神。 次に角杙神、次に妹活杙神。 次に意富斗能地神、次に妹大斗乃弁神。 次に於母陀流神、 次に妹阿夜訶志古泥神。 次に伊耶那岐神、次に妹伊耶那美神。 以上の、国の常立神から以下、伊耶那美神から以前を併せて神世七代という。 [先の二柱の独神はそれぞれ一代という。次の対として出現した神はそれぞれ二神を合わせて一代という。]

先頭