古事記ビューアー

古事記の最新のテキストを見ることができます。
諸分野の学知を集めた
注釈・補注解説とともに
古事記の世界へ分け入ってみましょう。

目次を開く 目次を閉じる

既に国を生み竟へて、更に神を生む。故、生める神の名は、大事忍男神。 次に石土毗古神を生む。[川石云伊波亦毗古二字以音下效此也。] 次に石巣比売神を生む。 次に大戸日別神を生む。 次に天之吹男神を生む。 次に大屋毗古神を生む。 次に風木津別之忍男神を生む。[訓風云加耶訓木以音。] 次に海の神、名は大綿津見神を生む。 次に水戸の神、名は速秋津日子神、 次に妹速秋津比賣神を生む。[自大事忍男神至秋津比賣神并十神。] 此の速秋津日子・速秋津比売二はしらの神、河海に囙りて持ち別きて、生める神の名は、沫那芸神。[那芸二字以音下效此。] 次に沫那美神。[那美二字以音下效此。] 次に頬那芸神。 次に頬那美神。 次に天之水分神。[訓分云久麻理下效此。] 次に国之水分神。 次に天之久比奢母智神 。[自久以下五字以音下效此。] 次に国之久比奢母智神[自沫那芸神至国之久奢母智神并八神。] 次に風の神、名は志那都比古神を生む。[此神名以音。] 次に木の神、名は久々能智神を生む。[此神名以音。] 次に山の神、名は大山津見神を生む。 次に野の神、名は鹿屋野比売神を生む。亦の名は野椎神と謂ふ。[自志那都比古神至野椎并四神。] 此の大山津見神・野椎神二はしらの神、山野に因りて持ち別きて、生める神の名は、天之狭土神。[訓土云豆知下效此。] 次に国之狭土神。 次に天之狭霧神 次に国之狭霧神。 次に天之闇戸神 次に国之闇戸神。 次に大戸或子神[訓或云麻刀比下效此。] 次に大戸或女神[自天之狭土神至大戸或女神并八神也。] 次に生める神の名は、鳥之石楠舩神。亦の名は天鳥舩と謂ふ。 次に大冝都比売神を生む。[訓神名以音。] 次に火之夜芸速男神を生む。[夜芸二字以音也。]亦の名は火之炫毗古神と謂ふ。亦の名は火之迦具土神と謂ふ。[迦具二字以音。]

〇大事忍男神  記伝はこの神を書紀一書に見える「事解之男」に当たるとし、「大なる事業の成り竟し」故の称え名であるとする。記伝は「忍」は「大し」でこれも美称ととるので、美称を重ねた神名として説明している。以下、その大事がこれまでの国生みの事跡を示すのか、これからの神生みを示すのかによって解釈が分かれる。集成は、「記の表現法の一つに、結論を先に示すというのがある」ので、今もこれによって解するとする。なお集成は「忍」は「押さえつける」の意で、威力あるものの美称としている。 〇石土毘古神・石巣比売神  石土毘古神は、岩石と土の男性。住居の土台になる岩石と土の神格化。石巣比売神は、岩石と砂の女神とする説が多いが、集成は岩石(のように堅固な)住居の女神とし、「巣」を住居とする。以下に誕生する神々を家屋造営の神々として捉える見解が多いが、新編は、「国土としての島生みをうけ自然を表象する神々に続くという文脈からも、住居にかかわらせるのは適切とはいえない。むしろ自然に関する神ととるのが妥当であろう」とし、石土毘古神・石巣比売神は、生みなされた島の大地形成を表象するとみられる、と説く。 〇大戸日別神  「戸」を処とみて居所の意と見る説、「戸」のままの意とみて家屋の門扉と見る説がある。「日」は「霊」と捉えられているが、これまでに出現した「○○日別」の「日」と共通するのか、別物と見るのか、なお検討を要するのではないか。 〇天之吹男神  「吹」は「葺く」で、屋根に茅を葺く意を持つ神とされる。『古事記』中の「吹」は気吹や風に関わって記され、借字と考えられうるのは当該のみである。 〇大屋毘古神  名の中心は「屋」であるが、これを屋根の意とするか家屋の意とするかで性格も変わってくる。「大殿祭祝詞」に見える屋船命は宮殿の神格化されたものと言われ、この神も同様の性質を持つのではないかと思われる。後のオホナムチの神話に木国の大屋毘古神として登場する神と、同神である説と別神であるとする説があるが、オホナムチ神話には家屋の造営という要素が必要とされたと見られるので、同神とみて問題はないものと思われる(谷口雅博「木国の大屋毘古神」『古代文学』48 、二〇〇八・三参照)。なお、『先代旧事本紀』に、スサノヲの子神である五十猛神の亦名に大屋彦神が出てくる。五十猛神は紀伊国に祀られているので、『古事記』の大屋毘古神が後に木国にいる点とも関わるが、『古事記』では五十猛神は出てこないし、大屋毘古神はイザナキとイザナミの子であるので、混合して考えるのは適切ではなかろう。 〇風木津別之忍男神  全註釈は、屋根が風に吹き飛ばされないように支え持つ意、つまり屋根を持ちこたえる神と解してはどうか、と説く。注釈は意味は分らないとしながらも、「あえていうなら、下に出てくる風や木の神、また綿津見神、速秋津日子神の「津」をいい出すため、あるいはそれにひかれ、何となく風木津別といっただけのことかも知れぬ」という。集成は、「風に持ちこたえる男子の威力ある男」とし、家屋の耐久性について、風に対向できる威力の神格化である」とする。これらはいずれも「カザモツワケノオシヲノカミ」と訓むものであるが、注解は、「カザモ(モは甲類)クツワケ」と訓まれるべきであると説く。ここに「木」字を用いたのは、モクがモとクとに分かれるのでなく、分解不能な意味単位であることを示すためかも知れない、と述べ、「木」字を「モク」と読むべき根拠を多岐にわたり挙げる。この神名の問題は、神名に付された訓注に、「訓風云加耶訓木以音」とある点にある。「訓木以音」というのは他に例のない形であり、「木」を訓ずるのに「音」によるという言い方は、訓というもののありかたについての見直しを計る必要性も感じさせる(嵐義人「「訓云」についての一考察―古事記訓読への疑―」『國學院雑誌』 113 ―1、二〇一二・一参照)。西條勉は、「木」の意味を含み持ちつつ、読み方はあくまでも音であることを示す、即ち漢字の音と訓とを両用したことによる注かとする。(『古事記の文字法』笠間書院一九九八・六) 〇海神名大綿津見神  ワタは海、ツは助詞、ミは神霊。ヤマツミと対をなす。 〇水戸神  ミナトは水の門で水流の出入りするところ。『古事記』では神名の場合「水戸」と記し、他は「紀国男水門」(神武記)等、「水門」と記している。「速吸門」(神武記)の例から見れば、「門」と「戸」ではややニュアンスが異なるように思われる。「戸」については、黄泉国神話のところで改めて用例を挙げて検討する。
〇速秋津日子・速秋津比売神  ハヤは速さの意の美称で、『古事記』の「ハヤスサノヲ」や「大祓祝詞」の「ハヤサスラヒメ」等に見える。「水戸神」である故に水流の速さに関わる美称であろう。「秋」は「明き」とも「開き」とも。意味するところは明確ではない。流水の解放と見るもの(全書など)や、穢れを清める(評釈など)とするものなどがある。
〇持別而生  一方が河神。一方が海神としてそれぞれ分担して、ということだが、「生む」の主語について、度会延佳は速秋津日子・速秋津比売二神と考え、それに対して記伝ではすべて伊耶那岐・伊耶那美二神と考えた。現在も、後の神生みの総数「三十五神」の問題(後述)と絡んで見解が分かれている。集成は、速秋津日子・速秋津比売二神は男女神ではあるけれども結婚したとは述べていない故にこの神々は「生みたまへる」の主語にはなりえないと主張し、この神々はそれぞれの持場を区別して、岐・美二神が「神生み」をしやすいように管理したのであると説く。従って神生みの条で生まれた神々は、すべて岐・美二神の所生であるとする。一方注解は、まずこれをモチワケテと訓むべきとし、「持別而生」の主格は岐美二神ではなく、それぞれの持場を分担した上で相かかわって神々を「派生していった」のだと解釈する。
〇沫那芸神・沫那美神  水面に立つ泡の男女神。神名の語構成については、泡+ナ+「芸(男)」「美(女)」ととる説と、泡+「凪」「波」ととる説とに分かれる。
〇頬那芸神・頬那美神  頬は水面を暗示するという見方はほぼ共通するが、ナギ・ナミについては前項の「沫那芸神・沫那美神」同様、性別を表すとする説と、「凪」「波」ととる説とに分かれる。集成は、頬那芸を「岐・美二神の神生みにおいて、河口(陸地の側)で生んだ神」、頬那美を「岐・美二神の神生みにおいて、河口(海面の側)で生んだ神」とするが、神名からそのようにはとれない。 〇天之水分神・国之水分神  記伝以来、クマリは分配の意で解釈されている。延喜式神名帳には、大和国吉野郡吉野、宇陀郡宇太、山辺郡都祁、葛上郡葛木等に、それぞれ水分神社があり、奈良盆地に水を供給する要地、河川の源流の山において水分神が祀られている。 〇自沫那芸神至国之久比奢母智神并八神  以上八神はすべて水に関係する神。水分神は祈年祭、久比奢母智神は鎮火祭、また速秋津比売神は大祓の各祝詞にそれぞれの名が見える。 〇風神志那都比古神  記伝は、シナガは「息長」であるとするが、全註釈は、オキがシになることはないとし、書紀の用字「級長津彦命」を参考に、風の意の「シ」+「ナ(長)」ととる。新版は、「な」は穴か、という。「風」は序文二例、上巻八例、中巻二例。「海原之魚、不問大小、悉負御船而渡。爾、順風大起御船従浪」(中巻)、「振風比礼・切風比礼」(中巻)などのように航海と関わる例がみえる。また、「天若日子之妻、下照比売之哭声、与風響到天」(上巻)という記述によれば、風が天まで届くと考えられていた可能性が『古事記』の内部からも窺える。 〇木神久々能智神  記伝にククは「クキ(茎)」。一方『日本書紀』大系頭注は、「ククは木木(キキ)の古形」とする。現状ではこの二説が対立している。「木木」説をとるものは、草花ならばともかくとして、樹木に「茎」は適当ではないという理由を挙げる(注釈)。それに対し、全註釈は、『万葉集』(巻十四・三四〇六、三四四四)に「茎」を「クク」で表した例があるところから、「茎」説を取るが、全註釈自身も述べているように用例は二例ともに東歌である点にやはり問題が残る。大殿祭の祝詞に見える「屋船久久遅命」には「是は木の霊也」とある点から見ても、「木木」説の方が妥当か。 〇山神名大山津見神  海神、大綿津見神と対応する神名。ワタツミは前述。スサノヲの八岐大蛇大事神話に登場するオオヤマツミ、ニニギの降臨の祭に登場するオオヤマツミとは別神とする説もあるが(全註釈)、別神とする根拠は特に見当たらない。それよりも、ニニギの降臨以降、山の神の娘、海の神の娘との婚姻が語られて山海の神の力が天神系譜に取り込まれて天皇へと繋がる、その山神海神がここで伊耶那岐・伊耶那美の子神に位置づけられていることの意味を問うべきであろう。いずれ考えてみたい。 〇野神鹿屋野比売神  カヤの生えた野の神格化。
〇野椎神  野ツ霊で、野の神霊の意。カヤ(草)と野とは関連性が強い。『日本書紀』では「草祖」と言っている。
〇自志那都比古神至野椎并四神  以上四神は、人間生活に関係の深い風、木、山、野の神々。
天之狭霧神・国之狭霧神  記伝にサギリは「坂の限り」の意とし、境界の神とする。全註釈は、狭は接頭語で、「霧」は字義通りであろうとする。山野に分担をして神を出現したとするならば、やはり「霧」であろう。講義は、霧は山にも野にも生ずるものであり、天と地とに渡ると述べる。「狭霧」は記中に全九例。当該と「天狭霧神」(大国主系譜)の他は、アマテラスとスサノヲのうけひ場面にのみ見える。 天之闇戸神・国之闇戸神  記伝に、戸は処、闇は谷のこととする。旧全集に、クラは闇、ドは所の意で、山にはさまれた闇い所、つまり谷の意。以上の山・野・土・霧・谷という順序は、古代人の日常体験に基づく思想が働いている、とする。全註釈は、「闇」はここでは文字通りに「闇い」意であるが、同時に「谷」の意もあって二重になっているとする。『古事記』で「闇」の字は闇淤加美神闇御津羽神闇山津見神・沙本之大闇見戸売(開化記)のように神名、人名で用いられ、また「高天原皆暗、葦原中国悉闇」「因吾隠坐而、以為天原自闇、亦葦原中国皆闇矣」と、天照大御神の石屋戸隠りの段に見える(全十例)。 〇大戸或子神・大戸或女神  「或」は「惑」の通用字。記伝に、「土より霧の発、その霧によりて闇く、闇きによりて惑ふ」という意でこの神の名があるのだろうとする。野に霧がかかって迷うことを表現する。新版は、山の神と野の神が生んだ諸神の系列は、地上に霧がかかり暗い峡谷に乱気流発生の神格化であろうとする。『古事記』中で「大戸」のつく神名は二例。「大戸日別神」(上巻・神生み①の箇所)、「大戸比売神」(上巻・大年神の系譜箇所)。後者の方は、「大戸比売神。此者諸人以拝伽神者也。」とあり、「伽」は「へ」なので「戸」も「へ」と訓める。「或」字は『古事記』に十二例みえ、「あるいは」の意で用いられる他には、「於是、零大氷雨、打或倭建命」(景行記)とある。「或」は「惑」と音義通用する字であり(『集韻』)、「惑う」意で「或」字を用いるのは現伝諸本の原型が残存したと捉えるとの指摘がある(神道)。
〇訓或云麻刀比下效此  注解は、「「惑」字は、万葉集でも、マトフ・マトハスの表記に用いられた例がかなり見出だされ、この字の常用的な訓であったと思われる。(中略)問題の訓注は「或」を他動詞マトハシでなく、自動詞マトヒで訓めという指示であると理解するのが最も適切であると思われる。その上の「戸」が何を表すかによって、この神名の名義が変わって来るが、いずれにせよ、神は自身が迷うものであるより、人間を迷わすものであるという方が、一般に考えやすい。従って、神名中の「或」はマトハシと訓まれる危険性が高い。そこに、この「或」をマトヒと訓めという訓注を記した意味があったと思われる。」と述べている。
〇鳥之石楠舩神・天鳥舩  船の神格化。鳥の石楠船は、鳥のように軽快で速力がはやく、石のように堅固な楠の船の義。鳥と舟との関係については、天と海とが一続きに考えられており、天空を飛ぶ鳥と、海を行く舟とが結びつけられていると言われる。「播磨国風土記逸文」明石駅家の記事では巨木で作った船に「速鳥」という名が付いている。『万葉集』には「天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ」と、天空と海とを重ね合わせて歌われた例もある。世界的に、太陽の乗り物として舟が観相されていたように、月も舟に乗って移動すると見られていたという(松前健『日本神話の新研究』桜楓社一九六〇・八)。『日本書紀』神代上五段本書では、蛭児を放ち棄てる際に天磐䗕樟船に乗せたとある。また同じ五段の一書二では、蛭児、素戔嗚尊の次に鳥磐䗕樟船を生み、この船に蛭児を載せたとする。天鳥舩は紀には見えない。『古事記』では後に建御雷神が葦原中国に派遣される際に、天鳥舩とともに降っている。 〇大冝都比売神  粟国の又の名に既にオホゲツヒメの名が出ていた。その神名とは別個のものとして見るべきであろう。後の五穀の起源条で、須佐之男に殺される女神として登場しているオホゲツヒメは、同神として考えるべきか。 〇火之夜芸速男神   ヤギは「焼き」、ハヤは火勢の速く 盛んなことか。火の燃焼力の速く盛んな男神(集成など)。船―食物―火の順序は船で食物(穀類や飲料水)を運び、それを火で煮炊きするという連想によるか(旧全集)。
〇火之炫毘古神  名義は「火の、明るく輝く男性」。「炫」は「明るく輝く」意。今日「かがやく」というが、室町時代までは「かかやく」。『出雲国風土記』に「金弓もちて射給ふ時に、光かかやきき。故、加加といふ」(島根郡加賀郷の条)とある。この「かか」は「かく」とも言った。「天の若日子の反逆」の条の「かく矢」を金属の矢で輝く矢ととり、垂仁天皇の段の「多遅麻毛理」の条に「ときじくのかくの木の実」を、橘の実の黄金に輝く意ととって同じ語とする説もあるが、明らかではない。
〇火之迦具土神  記伝に、「迦具は赫と云意」で、カガ、カゲ、カグ全て同言とする。全註釈は、それでは前項のカガビコと同じ意になってしまうという点、「輝く」という意でカグという例が上代には見当たらないという点から否定する。そしてカグヤ姫のカグヤについて触れ、このカグはカガヤクの意ではなくて芳しいの意であり、カグツチのカグもその意でとる。集成は、「かが・かぎ・かぐ・かげ」は「光(火)がほのかにちらちらと揺れる(燃える)」意とし、「火之迦具土の神」の「かぐ」は「火之」とあるから、「火の、ちらちらと燃える」意であると説く。前項の「火之炫毗古」は照明の霊能であり、「火之迦具土」は焼焦の霊能に基づく命名であると区別する。

本文に戻る

既生國竟更生神①故生神名大事忍男神 次生石土毗②古神[川石云伊波亦毗③古二字以音下效此也] 次生石巣比賣神 次生大戸日別神 次生天之④吹男神 次生大屋毗古神 次生風木津別之忍男神[訓風⑤云加耶訓木以音] 次生海神名大綿津見神 次生水戸神名速秋津日子神 次妹速秋津比賣神⑥[自大事忍男神至秋津比賣神并十神] 此速秋津日子速秋津比賣二神囙⑦河海持別而生神名沫那藝神[那藝二字以音下效此] 次沫那美神[那美二字以音下效此] 次頬那藝神 次頬那美神 次天之水分神[訓分云久麻理下效此] 次國之水分神 次天之久比⑧奢母智神[自久以下五字以音下效此] 次國之久比奢母智神[自沫那藝神至國之久比奢母智神并八神] 次生風神名志那都⑨比古神[此神名以音] ⑩次生木神名久々能智神[此神名以音] 次生山神名大山津見神 次生野神名⑪鹿屋野比賣神亦名謂野⑫椎神[自志那都比古神至野⑬椎并四神] 此大山津見神野椎神二神囙山野持別而生神名天之⑭狭土神[訓土云豆知下效此] 次國之⑮狭土神 次天之⑯狭霧神 次國之⑰狭霧神 天之闇戸神 次⑱國之闇戸神 次大戸或子神[訓或云麻刀比下效此] 次大戸或女神[自天之⑲狭土神至大戸或女神并八神也] 次生神名鳥之石⑳楠舩神亦名謂天鳥舩 次生大冝都比賣神[訓神名以音] 次生火之夜藝速男神[夜藝二字以音也]亦名謂火之炫毗古神亦名謂火之迦具土神[迦具二字以音] 【校異】
①  真「䚺」。道果本以下による。
②  真「吉」。道果本以下による。
③  真「吉。道果本以下による。
④  真「湏」。道果本以下による。 ⑤  真 ナシ。道・祥・春による。兼以下の卜部系諸本および寛「云耶」。
⑥  真 大書で「自津比賣神并十神大事忍男神至秋」。道・祥・春以下による。兼・前・曼「自大事忍男神至秋津比賣神并十此神」、猪「此」左傍に「イ本无」朱書。寛・延・訓「自大事忍男神至秋津比賣神并十神」、校「自大事忍男神至速秋津比賣神并十神」。
⑦  真「阿」。道果本以下による。
⑧  真「大者」。道果本以下による。
⑨  真「法」。道果本以下による。
⑩  真 ナシ。◯符右傍書「次生木神名久々能智神[此神名以音]」。
⑪  真「麻」。道・祥・春による。兼以下の卜部系諸本および寛「麻鹿」。
⑫  真「推」。道「桘」、祥・春「槌」。兼・前「推」。曼以下「椎」。猪左傍書「日本記作槌」。
⑬  真「推」。道「桘」、祥・春「槌」。兼・前「推」。曼以下「椎」。
⑭  真「使」。道果本以下による。
⑮  真「侠」。道果本以下による。
⑯  真「侠」。道果本以下による。
⑰  真「侠」。道果本以下による。
⑱  真 ナシ。道果本以下「國之闇戸神次」。道果本以下による。
⑲  真「侠古」。道果本以下による。
⑳  真「桶」。道果本以下による。

二神はすべて国生みを終えて、さらに神をお生みになった。そこでお生みになった神は、以下の神々を生む大事業の偉大さの象徴としての、名は大事忍男神。 次に土石の神格化の石土毗古神をお生みになった。 次に石や砂の神石巣比売神をお生みになり、 次に住居の出入り口の神大戸日別をお生みになり、 次に天井を葺く意の天之吹男神をお生みになり、 次に家屋の神大屋毗古神をお生みになった。 次に風の神風木津別之忍男神をお生みになり、 次に海の神名は大綿津見神をお生みになり、 次に水の出入り口の神速秋津日子神、 ついで女神速秋津比売神をお生みになった。大事忍男神から秋津比売神まで合わせて十神である。 この速秋津日子・速秋津比売の神の二柱の神が河と海とを分担して生んだ水の状態を表す神の名は沫那芸神、 次に沫那美神、 次に頰那芸神、 次に頰那美神、 次に水の分配を表す天之水分神、 次に国之水分神、 水汲みに関わる天之久比奢母智神 次に国之久比奢母智神。沫那芸神から国之久比奢母智神まで合わせて八神。 伊耶那岐・伊耶那美の二神は、次に風の神、名は志那都比古神をお生みになり、 次に木の神、名は久々能智神をお生みになり、 次に山の神、名は大山津見神をお生みになり、 次に野の神、名は鹿屋野比売神をお生みになった。別名を野椎神という。志那都比古神から野椎神まで合わせて四神。 この大山津見神・野椎神の二柱の神が、山と野とを分担して生んだ山野の情況を表す神の名は、天之狭土神 次に国之狭土神。 次に天之狭霧神 次に国之狭霧神、 次に天之闇戸神 次に国之闇戸神、 次に大戸或子神、 次に大戸或女神。天之狭土神から大戸或女神まで合わせて八神である。 伊耶那岐・伊耶那美の二神が、次にお生みになった神の名は鳥之石楠船神、別名は天鳥船という。 次に大冝都比売神をお生みになり、 次に火之夜芸速男神をお生みになった。この神の別名は火之炫毗古神といい、もう一つの別名は火之迦具土神という。

先頭