神名データベース

神名データベース凡例

天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命

読み
あまつひたかひこなぎさたけうかやふきあへずのみこと/あまつひたかひこなぎさたけうかやふきあえずのみこと
ローマ字表記
Amatsuhitakahikonagisatakeukayafukiaezunomikoto
別名
-
登場箇所
上・鵜葺草葺不合命の誕生
上・鵜葺草葺不合命の系譜
他の文献の登場箇所
彥波瀲武鸕鷀草葺不合尊(紀十段本書、紀十段一書一、紀十段一書三、紀十一段本書、神武即位前紀)
彥波瀲武鸕鷀草葺不合尊(旧・皇孫本紀、旧・天皇本紀)
梗概
火遠理命(山佐知毘古)と海神の娘・豊玉毘売との間に生まれた子。海辺の波打ち際(なぎさ)に鵜の羽を葺いて産屋を作ったが、まだ葺き終わらないうちに豊玉毘売が急に産気づき、生まれた。豊玉毘売から、もとの国の姿(八尋わに)になって生むため、姿を見ないで欲しいと請われた火遠理命だったが、禁を破って垣間見をしたことにより、離別することとなる。叔母である玉依毘売命を娶り、五瀬命、稲氷命、御毛沼命、若御毛沼命(豊御毛沼命・神倭伊波礼毘古命=神武天皇)をもうける。
諸説
鵜葺草葺不合命誕生の神話は、メルシナ型の異類婚姻譚といわれる。紀十段本書では草に包んで、紀十段一書四では真床覆衾と草で包んで海辺に捨てられたと記されており、鵜と関わらない所伝もある。なお、紀十段一書三では、この神の名を問われた豊玉毘売によって名づけられている。名義は「天津日高」は天上界の男性の意で、「日子」は彦で男子、または日(太陽)の子の意とされる。「波限」は波打ち際で、「建」は武勇の意。「鵜葺草」については、大別すると①「鵜」に関わる説、②「草」とみる説、③「ウブヤの意にあたるウミガヤ(生むが屋)の転化」とする説などがある。「葺」は屋根を葺く意、「不合」は不可能の意とするのが一般的であるが、紀十段本書・一書四では鵜に関わらないこと、母である豊玉毘売と離別することから、「葺」を風が吹く意、「不合」を「会えない」意と取り、風などが吹いて会えない意になるという指摘もある。このように諸説あるが、記や紀十段一書一・一書三では鵜の羽で産屋を作ったことを「鵜葺草」の由来と捉える説が多く、豊玉毘売の出産の経緯が神名の起源説話にあたると指摘されている。いずれにしても誕生までの経緯を名に負う点に特徴がある。また、鵜葺草葺不合命は産屋が未完成の状態で生まれるという異常生誕であることから、生まれながらに常人と違った聖なる資質と絶大なる威力を備えていることを強調しているといわれる。一方で、神名が産屋の未完成な状態を表すことから、初代天皇たるには不完全な存在であることを示すという指摘もある。中巻とのつながりを考える上で、鵜葺草葺不合命の位置づけやこの神話の挿入意図が重要になるといえる。なお、産屋と捨て子が鵜葺草葺不合命の物語に関わる点から、この神は元来出産に関わる神格を有していたという指摘もある。
この他に、神武天皇の和風諡号の「彦火火出見」と火遠理命の亦名に「日子穂々手見」を含むという共通性に注目し、天孫降臨から神武東征に直結することを想定した上で、鵜葺草葺不合命は神武天皇を天照大御神の五世孫に合わせるために架上造作された神であるという説もある。
参考文献
中西進「古事記抄―鵜葺草葺不合命神話―」(『成城国文学論集』16号、1984年6月)
栗原隆「ウガヤフキアヘズ神話の構造と機能―動かないペルソナージュの行為と存在」(『古事記年報』31号、1989年1月)
谷口雅博「鵜葺草葺不合命」(『日本神話要説』桜楓社、1992年12月)
大脇由紀子「天津日高の継承」(『古事記年報』39号、1997年1月)
橋本利光「ウガヤフキアヘズと神名由来譚」(『國學院雑誌』104巻4号、2003年4月)
伊藤剣「ウガヤフキアヘズの位置付けについて―『古事記』を中心に」(『国文学研究』141号、2003年10月)

神名データベース トップへ戻る

先頭