神名データベース

神名データベース凡例

天之闇戸神

読み
あめのくらとのかみ
ローマ字表記
Amenokuratonokami
別名
-
登場箇所
上・国生み神生み
他の文献の登場箇所
天之闇戸神(旧・陰陽本紀)
梗概
伊耶那岐命・伊耶那美命二神の神生み条において、 大山津見神と野椎神が山・野を分担して生んだ八神の一柱。
諸説
「闇戸」は暗い所で谷の意とする説、「闇」は単なる谷ではなく特に「狭谷」とする説、「断崖絶壁」のような場所をいうとする説などがある。「天之」は、この神とともに生まれた「国之」闇戸神と対偶神であることを示す称辞であるとする説や、山や崖など地上から突き出て天空に接する場合などをいうとし、山頂である解する説がある。谷・渓谷の神と解釈されることが多い。
参考文献
-

神名データベース トップへ戻る

先頭