神名データベース

神名データベース凡例

天之狭手依比売

読み
あめのさでよりひめ
ローマ字表記
Amenosadeyorihime
別名
津島
登場箇所
上・国生み神生み
他の文献の登場箇所
天之狭手依比売(旧・陰陽本紀)
梗概
伊耶那岐・伊耶那美二神の国生みによって誕生した神。津島(対馬)の亦名として見える神。
諸説
名義については、「天之」は天上界(高天原)と関係を持つとされたものに冠する美称。「狭手」は和名抄に魚取具として「纚(左手)」が見え、万(1・三八、9・一七一七)に「小網(左提)」とあり、魚を獲る網のこととされる。「天上界と関係のある立派な、叉手網に霊が依り憑く女性」と解する説、対馬の形が叉手網に似ていることから名付けられたとする説がある。
参考文献
-

神名データベース トップへ戻る

先頭