神名データベース

神名データベース凡例

天之狭土神

読み
あめのさづちのかみ
ローマ字表記
Amenosaduchinokami
別名
-
登場箇所
上・国生み神生み
他の文献の登場箇所
天之狭土神(旧・陰陽本紀)
梗概
伊耶那岐・伊耶那美二神の神生み条において、大山津見神と野椎神が山・野を持ち別けて、誕生した八神の一柱。
諸説
名義は、「天之」は山や崖など地上から突き出て天空に接する場合などに言うとして、山頂と解し、「狭」は「早」で「初生の」の意として、「山頂の、初めて生じた土地」とする説、「天之」はともに登場する「国之」狭土神との対偶神であることを示す称辞であって大きな意味は持たず、「狭」は接頭語で「土」は字義通り土であるとして単に土の神であるとする説、「狭」を神聖さを表す接頭語と解して神聖なる土地の神とする説などがある。
参考文献
-

神名データベース トップへ戻る

先頭