神名データベース

神名データベース凡例

天之狭霧神

読み
あめのさぎりのかみ
ローマ字表記
Amenosagirinokami
別名
天狭霧神
登場箇所
上・国生み神生み
上・大国主神の系譜
他の文献の登場箇所
天之狭霧神(旧・陰陽本紀)
天佐鬼利命(姓・摂津国神別)
天佐疑利命(姓・摂津国神別)
梗概
神生み段にて、 大山津見神と野椎神が山・野を持ち別けて生んだ八神の一柱。 大国主神の子孫の系譜に、遠津待根神の親神としても名が見える。
諸説
「天之」を山や崖など地上から突き出て天空に接する場合などに言うとし、山頂と解し、「狭」は「早」で「初生の」の意として「山頂の、初めて生じた霧」とする説、「狭」を神聖を表す接頭語と解して神聖な霧の神とする説がある。「天之」については「国之狭霧神」と対偶神であることを示す称辞として深い意味はないとする説もある。霧の神格化、霧の神と解釈されることが多い。
参考文献
-

神名データベース トップへ戻る

先頭