神名データベース

神名データベース凡例

天手力男神

読み
あめのたぢからをのかみ/あめのたぢからおのかみ
ローマ字表記
Amenotadikaraonokmi
別名
手力男神
登場箇所
上・天の石屋
上・天孫降臨
他の文献の登場箇所
天手力雄神(紀七段一書三)
手力雄神(紀七段本書)
天手力雄神(拾・日神の出現)
天手力男神(神名式・阿波国牟婁郡)
梗概
天の石屋・天孫降臨段に登場する神。天石屋戸に隠る天照大御神の御手を取って引き出し、邇々芸命の降臨に随伴した。
諸説
名義については、天は「天上界の」、「手力男」は手の力の強い男とする説が多い。神格としては、腕力の神格化とする説、説話的に作り出された観念的な神であるとする説がある。万(3・四一九)の「岩戸割る手力もがも手弱き女にしあればすべの知らなく」という歌はこの神を背景としたものとする説がある。
参考文献
-

神名データベース トップへ戻る

先頭