神名データベース

神名データベース凡例

天之常立神

読み
あめのとこたちのかみ
ローマ字表記
Amenotokotachinokami
別名
-
登場箇所
上・初発の神々
他の文献の登場箇所
紀 天常立尊(一段一書六)
旧 天常立尊(神代系紀)
梗概
 国土が浮漂していた時に成った神。別天神(ことあまつかみ)五神の五番目に成った神で、独神(ひとりがみ)となって身を隠した。
諸説
 神名は、次に出現した国之常立神と対応するが、天之常立神が別天神に属するのに対して、国之常立神は神世七代に属している。
 天之常立神の名義は、「常立」を文字通りに、恒久(常)、とどまる(立)の意味にとって、高天原(天)に恒久にとどまる神とする説があるが、上代語では「常(とこ)」が動詞を修飾する用法が見いだされないという指摘がある。また、「常」を「床」と取って土台の意、「立」を現れる意に取って、土台すなわち大地の出現を表す神名とする説がある。一方、神世七代は伊耶那岐神・伊耶那美神の生成過程を述べているとする立場から、大地の形成は岐美二神の修理固成によって初めてなされるのであって、ここではまだ大地が形成されるべき段階ではないとする批判がある。よって、トコタチとは、神々や大地・国土が生成されるための土台となる根源的空間の出現を意味し、天之常立神は、そのような観念的な場の成立を意味するという説がある。またこれに対して、上代語のトコは一般的な土台の意味ではなく、寝たり座ったりする場所のことで、なかんずく歌謡には男女同衾の場としての例が多く、それは、男女交合の場、生殖を準備する場として捉えられるという指摘がある。従って、この神名のトコは土台ではなく、生殖・誕生の場というイメージに基づく神々生成の場を意味しているとも論じられている。この場合、トコの第一義が「床」だとしても、表記に「常」の字が当てられていることには、その空間の恒久性が含意されていると考えられるという。
 この神を含む冒頭の五神は「別天神」であると指示されるが、その意義は明確でない。天之常立神までの別天神は天上にのみまつわる神であり、国之常立神以下の神世七代は、国生みを行う岐美二神の出現を目指し、天上の神々でありながら国土にまつわる神であるという違いがあるとする説がある。一方、別天神のうちの、前三神が天上のみに関わる神で、後二神は天上と国土との両方に関わる神であると解する説もある。また、高御産巣日神の、天孫降臨段を中心に司令の役割を担う「天神」としての霊威を、その化成において保証する働きをしているとする説がある。
 また、この神は「独神成坐而隠身也(ひとりがみとなりまして、みをかくしき)」とも記されている。「独神」は、神世七代で出現する男女の対偶神に対する単独の神と解される。「隠身」の意味は明確でなく、「隠(かく)り身」という読み方も考えられている。「隠身」の解釈には、身体を持たない抽象神のこととする説があるが、中には身体を持つ描写のある「隠身」の神もいることから批判もある。また、神々の顕現する世界から幽界に退場することを表すとして、顕界の神々に対してその権威を譲渡し、姿を見せずに司令や託宣などの形で関わるようになることをいうとする説があり、「隠身」という記述には、天地の始まりの神々の権威を抑えることで、天照大御神の権威の絶対性を確保する意図があるという。また、「身」は生むことに関連すると捉え、身体を備えた岐美二神が、男女の身体を使って国や神を生む行為をするのに対して、「隠身」の神は、みずからの身をもって行動しない存在として位置付けられるという説がある。
 なお、『日本書紀』の諸伝では、国常立尊(国底立尊)が七つの伝いずれにも登場し、古くから信仰されてきた神と認められるのに対して、天常立尊は一書第六に見えるだけで神としての事跡なども見られない。このことから、天之常立神は、国之常立神に相対する神として案出もしくは創作された後出の神と見る説がある。
 『新撰姓氏録』では左京神別下に伊勢朝臣の祖神として「天底立命」が見えて天日別命を孫としているが、書紀における国常立尊と国底立尊との対応に関連させて、天之常立神(天常立尊)と同一神とする説がある。『豊受大神宮禰宜補任次第』では「天曾己多智命」を国常立尊の八世の孫で神魂命の孫としており、『度会氏系図』では同じく「天曾己多智命」を天御中主尊の八世の孫、神皇産霊尊の孫としている。これについて、天底立命が元来『古事記』の天之常立神と同神であったのを、後世、伊勢直氏や度会氏が天底立命から国常立尊や天御中主尊にまで遡る系譜を造作したものとする説がある。
参考文献
山田孝雄『古事記上巻講義 一』(志波彦神社・塩釜神社古事記研究会編、1940年2月)
倉野憲司『古事記全註釈 第二巻 上巻篇(上)』(三省堂、1974年8月)
西郷信綱『古事記注釈 第一巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年4月、初出1975年1月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
『古事記(日本思想大系)』(青木和夫・石母田正・小林芳規・佐伯有清校注、岩波書店、1982年2月)
『古事記(日本の文学 古典編 1)』(金井清一校注・訳、ほるぷ出版、1987年7月)
神野志隆光・山口佳紀『古事記注解2』(笠間書院、1993年6月)
松村武雄『日本神話の研究 第二巻』(培風館、1955年1月)第一章
吉井巌「古事記における神話の統合とその理念―別天神系譜より神生み神話への検討―」(『天皇の系譜と神話』塙書房、1967年11月、初出1965年5月)
大野晋「記紀の創世神話の構成」(『仮名遣と上代語』岩波書店、1982年2月、初出1965年8月)
神野志隆光「ムスヒの神―「神代」を見通す意識―」(『古事記の達成』東京大学出版会、1983年9月、初出1977年11月)
井手至「古事記創生神話の対偶神」(『遊文録 説話民俗篇』和泉書院、2004年5月、初出1978年3月)
青木周平「古事記神話における天神の位置」(『青木周平著作集 上巻 古事記の文学研究』おうふう、2015年3月、初出1980年9月)
安津素彦「「カクリミ」か「ミミヲカクシマス」か」(『古事記年報』23、1981年1月)
金井清一「神世七代の系譜について」(『古典と現代』49号、1981年9月)
菅野雅雄「国土の修理固成条」(『菅野雅雄著作集 第三巻 古事記論叢3 成立』おうふう、2004年5月、初出1982年3月)
佐伯有清『新撰姓氏録の研究 考証篇 第三』(吉川弘文館、1982年7月)
神野志隆光「「神代」の始発」(『古事記の達成』東京大学出版会、1983年9月、初出1982年11月)
中村啓信「神代紀一書をどう見るか―神世七代章をめぐって―」(『日本書紀の基礎的研究』高科書店、2000年3月、初出1984年9月)
金井清一「身を隠したまふ神」(『古典と現代』53号、1985年9月)
神野志隆光「ムスヒのコスモロジー―『古事記』の世界像―」(『古事記の世界観』吉川弘文館、1986年6月)
金井清一「神世七代(『古事記』の〈神代〉を読む)」(『國文學 解釈と教材の研究 』33号、1988年7月)
毛利正守「古事記冒頭の文脈論的解釈」(『美夫君志』38号、1989年3月)
西宮一民「構造論的解釈と文脈論的解釈―冒頭の創世神話を中心として―」(『古事記・日本書紀論集』続群書類従完成会、1989年12月)
寺川真知夫「『古事記』冒頭部と天神諸」(『古事記神話の研究』塙書房、2009年3月、初出1997年1月)
松本直樹「ムスヒ二神の「隠身」について」(『古事記神話論』新典社、2003年10月、初出1999年1月)
尾崎知光「記紀の国初の神譜と別天神」(『愛知県立大学説林』55号、2007年3月)
北野達「「高天原に成りませる神」と「萌え騰る物に因りて成りませる神」」(『古事記神話研究―天皇家の由来と神話―』おうふう、2015年10月、初出2010年3月)
谷口雅博「『古事記』神話の「身」を考える」(『古代文化研究』33号、2011年3月)
『古典基礎語辞典』(大野晋編、角川学芸出版、2011年10月)
北野達「隠身の神」(『古事記神話研究―天皇家の由来と神話―』おうふう、2015年10月、初出2011年11月)

神名データベース トップへ戻る

先頭