神名データベース

神名データベース凡例

伊耶那岐神

読み
いざなきのかみ
ローマ字表記
Izanakinokami
別名
伊耶那伎命
伊耶那岐
伊耶那伎大神
伊耶那岐大神
伊耶那岐大御神
伊耶那岐命
登場箇所
上・初発の神々
上・淤能碁呂島
上・神の結婚
上・国生み神生み
上・伊耶那美命の死
上・黄泉の国
上・みそぎ
上・三貴子の分治
他の文献の登場箇所
紀 伊奘諾尊(二段本書・一書二、三段本書・一書一、四段本書・一書一・二、五段本書・一書一・六・七・八・九・十・十一、六段本書、七段一書三、九段一書五、神武紀三十一年)/伊奘諾(四段一書三・四、五段一書二)/陽神(四段本書・一書一・五・十)/伊奘諾神(履中紀五年)
出雲風 伊弉奈枳(意宇郡)/伊差奈枳命(嶋根郡)
丹後風 伊射奈藝命(逸)
拾 伊奘諾(天地開闢)
旧 伊奘諾尊(神代系紀、陰陽本紀、神祇本紀、天神本紀、皇孫本紀)
祝 伊佐奈伎(鎮火祭)/伊射那伎(出雲国造神賀詞)
姓 伊弉諾命(未定雑姓・摂津国)
神名式 伊射奈岐神社(大和国添下郡、葛下郡、城上郡、摂津国島下郡、若狭国大飯郡)/伊佐奈岐宮(伊勢国度会郡)/淡路伊佐奈伎神社(淡路国津名郡)
梗概
 神世七代の第七代で、女神の伊耶那美神と対偶をなす男神。天つ神の命により二神で国土を修理固成し、婚姻を経て国々や神々を生んだ。
 やがて火の神を生んで伊耶那美神が神避りすると、伊耶那岐神はこれを追って黄泉国へ赴くが、禁忌を犯して伊耶那美神の姿を見てしまったために追われることとなり、逃れ去って黄泉つひら坂を塞いだ。別れ際に伊耶那美神が人を日に千人殺すことを宣言したのに対して、伊耶那岐神は日に千五百の産屋を立てることを宣言した。本文は、この故に一日に必ず千人死に、千五百人生まれるのである、と伝えている。
 伊耶那岐神が黄泉国のけがれを落とすために禊ぎをすると、持ち物や体から神々が生まれた。両目・鼻から生まれた天照大御神・月読命・建速須佐之男命の三貴子に対しては、それぞれが治めるべき国を定めた。
 淡海の多賀に鎮座すると伝える。
諸説
 名義は、イザナが「いざなふ」の語幹で誘う意味とする説と、イザを誘いの間投詞とし、ナを連体助詞とする説がある。キはイザナミのミに対して男性を示す語とされている。現在は、イザナギ、とキを濁音に読むこともあるが、記紀では清音で表記されている。神名は、岐美二神が結婚して国生み・神生みを行うことに関わるもので、男女が誘い合って交わることを意味するとする説がある。
 伊耶那岐神・伊耶那美神の神格については、神世七代の展開を、岐美二神の生成を帰着点とする、神の身体形成の過程と捉え、二神は、身体や性の具有によってはじめて国土の生成や国土における活動を担った男女神とする説がある。
 岐美二神をめぐる一連の神話を比較神話学的に分析すると、世界の神話との類型的な共通点がさまざま認められる。しかし、二神の神話は、いくつもの神話的モチーフや複雑な展開が含まれているため、そこから各神話との影響関係や生成過程を導き出すのは容易ではない。特に、本文に「妹(いも)伊耶那美神」とある「妹」を血縁上の妹ないし女のきょうだいを示すと解することから、その婚姻は近親相姦であると考えられているが、兄妹の相姦による創世神話は、世界的に確認され、東南アジアから東アジアにかけては、洪水で生き残った兄妹二人が結婚して人類の祖先になったという洪水兄妹始祖神話が広く分布している。岐美二神の婚姻譚は、それらの伝承との関係が強く推測されながらも、洪水という共通のモチーフを有していない所などに相違点が認められており、その具体的な関係性の検討が問題となっている。なお、近親相姦は、世界的に見ても太古より禁忌とされるのが一般的のようであるから、神話上のそれは、人間世界の倫理を超えた特異な事象として捉えられたものとも考えられるが、一方、古代の日本で同胞間の結婚がある程度認められていたことを背景にしているとする説もある。他に類似する神話として、ポリネシアなどに伝わる、原初に虚空から父母たる天地が出現し、天父と地母が神々や自然などの万物を生み出したとする天地創造神話や、中国の伏羲・女媧の神話などとの関連も考察されている。
 民俗学的な観点からは、兄妹相姦とされる道祖神の伝承が日本に広く分布していることが指摘されていて、二神の道祖神的な性格も検討されている。また、全国各地に分布する、小正月に炉端で行われる行事に、夫婦が裸になって唱え言をしながら囲炉裏を回る「裸回り」や、粥の攪拌を国土生成に見立てて唱え言をする行事があり、これを二神の国生み神話と関連するものと考えて、国生み神話の交合の次第はそうした古来の儀礼を反映したものではないかとする説がある。
 また、信仰上の問題として、二神は記紀神話で重要な位置を占めている一方で、宮中では祭祀の対象とされず、諸氏族にもこの神を祖先としたものが確認されないなど、信仰の形跡が希薄であることが問題にされている。この二神は、元来、別系統であった信仰が接合されて中央の神話に取り入れられたものではないかと目され、伊耶那岐神と淡路島との関係の考察から、もとは瀬戸内海東部を中心とする海人族の奉斎する神であったと見る説がある。また、そこで、二神の元来の神格を海人族の日月信仰に基づく日神・月神と捉える説もある。
 伊耶那岐神の鎮座地について、『古事記』は「淡海の多賀」とし(「淡路の多賀」とする写本もあるが後の改変か)、『日本書紀』は「淡路の洲」としていて齟齬があるが、淡路については、『延喜式』神名帳の淡路国津名郡に「淡路伊佐奈伎神社(名神大)」、臨時祭式の名神祭の条に「淡路伊佐奈岐神社」とあり、また、『日本書紀』履中天皇五年九月壬寅条に、淡路島での託宣の記事があるなど、実際にこの神の淡路との深い関係性が認められる。一方、淡海(近江)との関連についても、犬上郡の「多何神社」(『延喜式』神名帳)や『日本霊異記』(下・24)に見える近江国野州郡の「陁我の大神」などとあわせて考察されている。
参考文献
倉野憲司『古事記全註釈 第二巻 上巻篇(上)』(三省堂、1974年8月)
西郷信綱『古事記注釈 第一巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年4月、初出1975年1月)
『神道大系 古典編一 古事記』(小野田光雄校注、神道大系編纂会、1977年12月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
松本信広「我が国天地開闢神話にたいする一管見」(『日本神話の研究』平凡社、1971年2月、初出1931年11月)
松村武雄『日本神話の研究 第二巻』(培風館、1955年1月)
岡田精司「国生み神話について」(『古代王権の祭祀と神話(第5刷)』塙書房、1979年4月、初出1955年10月)
松前健「自然神話論」(『松前健著作集 第11巻』おうふう、1998年8月、初出1960年8月)
大林太良『日本神話の起源』(角川書店、選書版1973年3月、初版1961年7月)
小島瓔禮「イザナキ・イザナミの婚姻」(『日本神話研究2 国生み神話・高天原神話』学生社、1977年8月、初出1962年3月)
松前健「伊弉諾・伊弉冉二尊と伏羲・女媧の神話―東南アジアの龍蛇崇拝に関連して―」(『松前健著作集 第7巻』おうふう、1998年4月、初出1964年5月)
大野晋「記紀の創世神話の構成」(『仮名遣と上代語』岩波書店、1982年2月、初出1965年8月)
服部旦「諾冉二神の系統」(『中央大學國文』11号、1967年12月)
松前健「国生み神話考―イザナギ・イザナミの国生みを中心に―」(『松前健著作集 第7巻』おうふう、1998年4月、初出1968年2月)
福島秋穗「イザナキ・イザナミ神話の冒頭部を如何に解するかということについて」(『国文学研究』39、1969年3月)
福島秋穗「イザナキ・イザナミ神話に関する二三の考察」(『記紀神話伝説の研究』六興出版、1988年6月、初出1969年12月)
西郷信綱「近親相姦と神話―イザナキ・イザナミのこと」(『西郷信綱著作集 第1巻』平凡社、2010年12月、初出1970年7月)
安田尚道「イザナキ・イザナミの神話とアワの農耕儀礼」(『日本神話研究2 国生み神話・高天原神話』学生社、1977年8月、初出1971年)
伊藤清司「イザナキ・イザナミの近親相姦」(『日本神話と中国神話』学生社、1979年9月、初出1972年1月)
服部旦「岐美神話の伝承」(『古代文化』24巻3号、1972年3月)
『シンポジウム国生み神話(シンポジウム「日本の神話」1)』(大林太良編、学生社、1972年10月)
服部旦「岐美神話と洪水型兄妹相姦神話」(『日本書紀研究 第八冊』塙書房、1975年1月)
吉井巖「イザナキ、イザナミの世界」(『天皇の系譜と神話 三』塙書房、1992年10月、初出1976年12月)
井手至「古事記創生神話の対偶神」(『遊文録 説話民俗篇』和泉書院、2004年5月、初出1978年3月)
荻原浅男「古事記神話の伝承地について―岐神の鎮座地、(再考)天若日子の美濃の喪山―」(『上代文学論攷―記紀神話と風土―』風間書房、1989年11月、初出1981年1月)
金井清一「神世七代の系譜について」(『古典と現代』49号、1981年9月)
神野志隆光「「神代」の始発」(『古事記の達成』東京大学出版会、1983年9月、初出1982年)
三谷栄一「イザナキ・イザナミのミトノマグハヒをめぐって―説話文学の冒頭第一話と農耕儀礼―」(『記紀万葉集の世界』有精堂、1984年5月、初出1983年5月)
岡部隆志「イザナキ・イザナミ神話―神話研究の内部と外部―」(『古代文学』27号、1988年3月)
金井清一「神世七代(『古事記』の〈神代〉を読む)」(『國文學 解釈と教材の研究 』33号、1988年7月)
青木周平「伊耶那岐命と伊耶那美命」(『青木周平著作集 上巻 古事記の文学研究』おうふう、2015年3月、初出1992年12月)
神田典城「対偶神系譜形成についての一考察」(『古事記・日本書紀論叢』群書、1999年7月)
宮本明子「伊邪那岐・伊邪那美の婚姻―神世七代についての考察」(『日本文学論叢(法政大学大学院)』30巻、2001年3月)
厳紹璗「東アジア創世神話における“配偶神”神話成立時期の研究について」(『アジア遊学』12、2000年1月)
虎尾俊哉『延喜式 上(訳注日本史料)』(集英社、2000年5月)
福島秋穗「伊耶那岐・伊耶那美二神が天之御柱を廻ることについて」(『紀記の神話伝説研究』同成社、2002年10月)
鈴木啓之「イザナミの葬地とイザナキの鎮座地と―古事記引用文の検討を通して―」(『古事記の文章とその享受』新典社、2011年9月、初出2004年8月)
繁原央「日中の兄妹始祖神話―イザナキ・イザナミと伏羲・女媧―」(『季刊悠久』101号、2005年7月)
『古典基礎語辞典』(大野晋編、角川学芸出版、2011年10月)
榎本福寿「神神の生成をめぐる記紀の神話とその成りたちの原理―「尊卑先後之序」のこと―」(『國學院雜誌』112巻11号、2011年11月)
篠田知和基「イザナギとイザナミ―火と水の神話」(『アジア遊学』158、2012年10月)
勝俣隆「宇比地邇神から伊邪那美神までの十神誕生の神話的解釈」(『上代日本の神話・伝説・万葉歌の解釈』おうふう、2017年3月、初出2013年3月)
安田尚道「イザナキ・イザナミの神話と小正月の炉端の行事」(『青山語文』44、2014年3月)

神名データベース トップへ戻る

先頭