神名データベース

神名データベース凡例

多岐都比売命

読み
たきつひめのみこと
ローマ字表記
Takitsuhimenomikoto
別名
田寸津比売命
登場箇所
上・うけい
他の文献の登場箇所
紀 湍津姫(六段本書、六段一書一)/湍津姫命(六段一書二・三)
筑前風 湍津姫命(逸文▲)
旧 湍津嶋姫命(神祇本紀、地祇本紀)/湍津姫命(地祇本紀)/多岐都姫命(地祇本紀)/辺津嶋姫命(地祇本紀)
梗概
 天照大御神と須佐之男命とのうけい(誓約)において、天照大御神によって須佐之男命の身につけていた十拳剣から生まれ、須佐之男命の子となった三女神(多紀理毘売命・市寸島比売命・多岐都比売命)の第三。胸形の辺津宮に鎮座する。この三柱の神は胸形君らがもちいつく(奉斎する)三前の大神であるという。
諸説
 鎮座地の胸形は筑前国宗像郡(福岡県宗像市)で、宗像神社(宗像大社)の祭神である。ムナカタの表記は古く様々に書かれたが、平安時代以降「宗像」が定着した。宗像神社は三宮からなり、三女神をそれぞれ沖津宮(沖ノ島)・中津宮(大島)・辺津宮(田島。内陸に所在)に祭っている。
 三女神の神名とその鎮座地は、記紀の諸伝間に以下のような異同がある(「/」以下はその別名。括弧内は鎮座地)。
  記 …… ①多紀理毘売命/奥津島比売命(奧津宮) ②市寸島比売命/狭依毘売命(中津宮) ③多岐都比売命(辺津宮)
  紀・六段本書 …… ①田心姫 ②湍津姫 ③市杵島姫
  紀・六段一書一 …… ①瀛津島姫 ②湍津姫 ③田心姫
  紀・六段一書二 …… ①市杵島姫命(遠瀛) ②田心姫命(中瀛) ③湍津姫命(海浜)
  紀・六段一書三 …… ①瀛津島姫命/市杵島姫命 ②湍津姫命 ③田霧姫命
 多岐都比売命に対応する紀の神名は、いずれも「湍津姫(命)」とあって、記とほぼ同名であるが、「湍」をタキと読むかタギと読むかは見解が分かれる。
 鎮座地は、記に辺津宮、紀の一書二に「海浜」(辺津宮)とある。他の伝には鎮座地の記載が無いが、誕生の順序が鎮座の配列を反映していると解すると、紀の本書・一書一・一書三は中津宮となる。宗像大社の社伝では、紀の本書と同様、沖津宮が田心姫神、中津宮が湍津姫神、辺津宮が市杵島姫神となっており、現在までそれに則って祭られている。
 多岐都比売命の名義は、「多岐」は「湍」すなわち早瀬・急流の意とする説がある。「都」は連体助詞で、激流の女性といった意味に解され、その神格は、海の早瀬を掌る女神、あるいは玄界灘の瀬にまつわる女神とする説や、潮流の激しく流れる様子の表象とする説がある。また、「多岐都」を動詞ととり、水の激しく流れる意とする説もあるが、動詞タギツのキは濁音で、『古事記』の「岐」の字は清音の仮名とされる点に問題が残る。
 『出雲国風土記』楯縫郡神名樋山条には、その山に多伎都比古命の御霊代と言われる雨乞いの石神があるといい、阿遅須枳高日子命の后、天御梶日女命が多具村で多伎都比古命を産んだという言い伝えが載っている。この伝承について、多伎都比古命を多岐都比売命に関係する神と捉え、『古事記』で大国主神と多紀理毘売命との間に、賀茂の神である阿遅鉏高日子根神が生まれているのと同様に、出雲・宗像・賀茂の関係性を背景にしているとする説がある。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第二巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年6月、初出1975年1月)
倉野憲司『古事記全註釈 第三巻 上巻篇(中)』(三省堂、1976年6月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)
『宗像神社史』(宗像神社復興期成会編、宗像神社復興期成会、1961年6月)
戸谷高明「日本神話における宗像三女神」(『古事記の表現論的研究』新典社、2000年3月、初出1976年11月)
水野祐「出雲大神と宗像神」(『出雲學論攷』出雲大社、1977年1月)
村上弘子「宗像三女神」(『風土記をひらく』新井出版、1987年12月)
『古代を考える 沖ノ島と古代祭祀』(小田富士雄編、吉川弘文館、1988年8月)
『住吉と宗像の神』(上田正昭編、筑摩書房、1988年12月)
荒井秀規「宗像の三女神―『風土記』と『記紀』の比較から―」(『歴史手帖』23巻11号、1995年11月)
森昌文「胸形三女神」(『古事記の神々 上 古事記研究大系5-Ⅰ』高科書店、1998年6月)
亀井輝一郎「沖ノ島と宗像神・宗像神主―宗像覚書―」(『福岡教育大学紀要(第二分冊社会科編)』59、2010年5月)
『世界のなかの沖ノ島(季刊考古学・別冊27)』(春成秀爾編、雄山閣、2018年11月)

神名データベース トップへ戻る

先頭