神名データベース

神名データベース凡例

都夫多都御魂

読み
つぶたつみたま
ローマ字表記
Tsubutatsumitama
別名
猿田毘古神
登場箇所
上・猿女の君
他の文献の登場箇所
旧 都夫立御魂(皇孫本紀)
梗概
 猿田毘古神の別名の一つ。猿田毘古神が阿耶訶(あざか)にいた時、漁をしていて、比良夫(ひらぶ)貝に手を挟まれてしまい、海に沈み溺れた。その際、底に沈んでいた時の名を底度久御魂といい、海水が粒立った時の名を都夫多都御魂といい、泡の弾けた時の名を阿和佐久御魂という。
諸説
 「都夫多都」は泡の粒が立つことで、漁夫が潜水するときに立つ泡粒の神格化とする説がある。
 猿田毘古神の三つの別名が登場する海溺れの神話については、「底度久御魂」の項を参照。
参考文献
西郷信綱『古事記注釈 第四巻(ちくま学芸文庫)』(筑摩書房、2005年10月、初出1976年4月)
倉野憲司『古事記全註釈 第四巻 上巻篇(下)』(三省堂、1977年2月)
『古事記(新潮日本古典集成)』(西宮一民校注、新潮社、1979年6月)

神名データベース トップへ戻る

先頭