氏族データベース

氏族データベース凡例

十市県主

読み
とをちのあがたぬし/とおちのあがたぬし
ローマ字表記
Toochinoagatanushi
登場箇所
孝霊記
他文献の登場箇所
紀   孝安26年2月壬寅(14日)条
    孝霊2年2月丙寅(11日)条
旧   天神本紀
始祖
富富侶(旧)
磯城津彦命(中原氏系図)
後裔氏族
十市宿禰/十市首/十市部/中原朝臣/中原宿禰
説明
 「倭国六県」のひとつである十市県(大和国十市郡)を本拠とした氏族。『古事記』においては、孝霊記の系譜記事に名がみえる。倭王権の本拠地であった磯城県に対して、十市県は南西の防御線として置かれたとの見解がある。ただし、記紀から確認できる十市県主の伝承は、孝霊天皇(『日本書紀』では孝安・孝霊二代)のキサキを輩出したというものだけであり、それ以外の活動実態も平安中期まで不明である。『中原氏系図』は安寧天皇の皇子・磯城津彦命を祖としているが、記紀の師木津日子命(磯城津彦命)の系譜にも十市県主の名は確認できない。平安中期に中原朝臣(宿禰)を下賜されて以降は、明経博士の地位を清原氏とともに独占し、外記局を「家業」化するなど氏族として繁栄した。
参考文献
吉井巌「倭の六の御県」(『天皇の系譜と神話』2、塙書房、1976年6月、初出1968年11月)
佐藤進一『日本の中世国家』(岩波書店、1983年4月)

氏族データベース トップへ戻る

先頭