神社データベース

神社データベース凡例

比売許曽神社

読み
ひめこそじんじゃ
ローマ字表記
Himekosojinja
主祭神
下照比売尊(下光比売命)
住所
大阪府大阪市東成区東小橋3-8-14 地図を表示
緯度/経度
北緯 34°40'01.4"
東経 135°32'03.0"
略縁起
『古事記』応神天皇の条に新羅の賤女が日光に感じて妊娠し、赤い玉を生んだ。新羅の王子である天之日矛がこの玉を手に入れたところ、玉は美しい娘となり、天之日矛はこの娘を妻としたが、後に日本へと娘は去り、難波の比売碁曾社の阿加流比売神として鎮座したと伝える。『日本書紀』では垂仁天皇二年是年条に一云として類似の話が記載され、難波の比賣語曽社の神になったとも、または豊国の国前郡の比賣語曽社の神となったとも伝える。延喜式四時祭式下相嘗祭の神に下照比売神社一座(或いは比売許曽社と号す)とあり、臨時祭式名神祭条に比売許曽神社一座(また下照比売と号す)とある。延喜式神名帳、摂津国東成郡に「比売碁曽神社」とあり名神大社に列する。
URL
備考

神社データベース トップへ戻る

先頭